Office 2010に対応-Wordの基本画面を見てみよう

Word 2010の画面を構成する各部の名称と、その役割を見ていきましょう。特にポイントとなるのは、office独特の「リボンユーザーインターフェイス」です。
タイトルバー・クイックアクセスツールバー
[クイックアクセスツールバー]は、利用頻度の高いボタンをまとめたツールバーです、[タイトルバー]には、文書の名称が表示されます。

 

Wordの基本画面を見てみよう

リボン・タブ・グループ
旧来のWordのメニューに変わるのが[リボン]です。リボンには使用目的に沿って構成された[タブ]が用意されています。それぞれの[タプ]の中は、いくつかの[グループ]に分類されています。

タブが追加された
ファイルの保存や印刷など、旧来のWordで[ファイル]メニュー(Word2007では[Microsoft Office]ボタン)から実行していた操作の多くは【ファイル】タブから実行可能になりました。

ステータスバー・スクロールバー
画面下の[ステータスバー]には、カーソルのあるページや行数などの情報が表示される他、表示方法を変更するためのボタン、表示倍率を変更する[ズーム]があります.また、[スクロールバー]には、表示範囲を移動するための機能が用意されています。

 

Wordの基本画面を見てみよう

 

カーソル・ポインタ画面の白い部分は、文字を入力、画像を挿入などして文書を作成するスペースです。点滅する黒い棒は[カーソル]といい、カーソルのある位置に文字が入力されます。マウスの動きに合わせて移動する[ポインタ]は、タプやボタンのクリック、文字の選択などに利用します。なお、ポインタの形は操作の状況によって変化します。

 

Wordの基本画面を見てみよう

 

必要に応じて表示されるツールがある文字列を選択すると、半透明の「ミニツールバー」が表示されます。すばやく書式を設定するのに役立つ機能です。また、タブの中にも選択している文字やアイテムによって、その時
だけ表示されるものがあります。このように必要なものだけを表示することで、より効率的な作業が可能となるよう工夫されているのです。

 

Wordの基本画面を見てみよう

Office 2010に対応-Wordを起動・終了するには

Wordを起動・終了する方法をマスターしましょう。方法はいくつかありますが、ここではもっとも一般的な方法をメインに紹介します。[すべてのプログラム]を選択するさっそくWordを起動してみましょう。[スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]を選択します。
本書では新OSを利用本書では、新しいOS[windows 7](Home premiumバージョン)を利用し
た場合のWord 2010の利用方法を紹介しています。別バージョンのOSを利用している場合は丿日来と同じ方法で起動できます。

Wordを起動・終了するには

[MicrosoftOffice Word2010]を選択する表示されるプログラムの一覧から[Microsoft Office]を選択し、表示される項目の中から[Microsoft Office Word 2010]を選択します。ライセンス認証が必要となるWordを最初に起動すると、[ライセンス認証ウィザード]が表示されます。これはOfficeを使用するのに必要な手続きです。今すぐにでなくても必ず行いましょう。

20160608155407

 

Wordが起動したWordが起動し、新規文書の作成画面が開きます。
[ブライバシーオブション]が表示されるWordの初回起勣時に[プライバシーオ
プション]が表示されたら、利用したいオプションにチェックを付けましょう。ど
の項目の利用も任意ですが、[オンラインヘルプの参照]と[更新プログラムの確
認]は利用するようおすすめします。Wordを終了する続いてWordの終了方法を見て
みましょう。[ファイル]タブをクリックし、[終了]をクリックすれば終了できます。

Wordを起動・終了するには Wordを起動・終了するには

 

[閉じる]ボタンでも終了できるウィンドウ右上にある[閉じる]ボタンをクリックしても、Wordを終了することができます。終了前は保存を忘れずに作成した文書を保存せずにWordを終了すると、文書は失われてしまいます。保存せずに終了の操作を行うと、保存を促
す図のメッセージが表示されるので、[保存]ボタンをクリックして保存を行いましょう。詳しい保存方法はSection 06を参照してください。

 

Wordを起動・終了するには

 

 

Office 2010に対応-Wordつてどんなソフト?

Wordは多彩な機能を備えたワープロソフトです。 Wordの機能を利用して作成できる文書、特徴などを見てみましょう。Wordならこんな文書が作成できるWordは文書作成ソフトです。文字サイズや色の変更など、文字に関する書式設定はもちろん、細かなレイアウトの指定、イラストや写真の挿入も可能です。完成度の高い文書が簡単に作成できます。hintデータ共有でさらに便利!Excelで作成した表やグラフを文書に含める、Outlookのアドレス帳を使って宛て名書きをするなど、ほかのOfficeアプリケーションとのデータの共有でより効率的な作業も可能となっています。

Wordつてどんなソフト?

 

見やすいインターフェイスで簡単かつ効果的Word 2007で導入されたリボンユーザーインターフェイスにより、利用可能な機能の把握、実行がスムーズに行えます。豊富な機能を無駄なく利用できるよう工夫されています。ファイルに対する操作は新登場のビューでWord 2010で追加された[ファイル]タプをクリックすると表示される(MicfosoftOffice Backstageビュー」に、保存や印刷、共有といったファイルに対する操作がまとめられています。ハガキなどのひな形
も豊富ハガキをはじめ、ビジネス文書、チラシなどさまざまなひな形が容易され、手早くそれらの文書を作成できます。特にハガキの作成は、プライベートでWordを利用するユーザーにも活用度の高い機mです。

Wordつてどんなソフト? 20160608151533

Officeの動作環境Office 2010を利用するには、下表の環境が必要です。

Wordつてどんなソフト?

 

Office 2010に対応-Webに保存して 出先でファイルを活用

マイクロソフトが用意する無料のオンラインスペース「OneDrive」を使うと、ネットワーク上にファイルを保存して、出張先や営業先でも簡単に自分のファイルを利用できます。OneDriveはWordやExcelから直接利用することもできますが、InternetExplorerなどのWebブラウザーからも利用できます。 OneDriveに保存しておくと、WordやExcelがインストールされていないパソコンからでも「Office Web Apps」を利用して、Webブラウザーで閲覧や編集ができ、とても便利です。

 

Webに保存して 出先でファイルを活用

 

Webに保存して 出先でファイルを活用

 

Webに保存して 出先でファイルを活用

 

OneDriveを利用するにはOneDriveを利用するには、Microsoftアカウントを取得する必要があります。MicrosoftアカウントはWebサイトから無料で取得でき、取得すると15GBのneDriveが利用できるようになります(容量は2014年6月発表)。Microsoftアカウントを取得後に、Word 2013やExcel2013の画面右上からサインインしておくと、直接OneDriveに保存ができるようになります。2010の場合は、[ファイル]タブの[保存と送信]から[Webに保存]を選択した後にサインインしてOneDriveに保存します。

Webに保存して 出先でファイルを活用

Office 2010に対応-社内で利用するひな形は オリジナルテンプレートで保存すべし

新規でファイルを作成するときに、テンプレートを利用すると、簡単な変更だけでファイルが完成し、とても便利です。テンブレートはあらかじめ用意されているものだけでなく、会社内や部署内で利用するひな形のファイルもテンブレートとして保存することができます。共通に使っている形式ファイルは、テンブレートとして保存して、作業効率を向上させましよう。

社内で利用するひな形は オリジナルテンプレートで保存すべし

 

オリジナルのテンプレートを共有するには部署内で統一されたWord文書は、オリジナルのテンプレートを共有しておけば、変更があったときでも、テンプレートを直すだけで済みます。まず、ネットワークを通して共有して利用できるフォルダーを作り、そこにテンプレートファイルを保存します。その後、[ファイル]タブの[オプション]でダイアログボックスを開き、[詳細設定]の[全般]グループの[ファイルの場所]ボタンをクリックして[既定のフォルダー]ダイアログボックスを表示します。[ワークグループテンブレート]を選択し、[変更]ボタンから、共有して利用するフォルダを指定します。

社内で利用するひな形は オリジナルテンプレートで保存すべし

Office 2010に対応-今やビジネスのスタンダード、 PDFファイルの作成

制作したファイルを編集されないように閲覧目的で送るときにはPDF形式にしましよう。PDF形式だと、表示や印刷の状態が常に同じになるため、OSやパソコン、プリンターのなどの環境が違っていても、まったく同じ状態で閲覧することができます。そのため、業務用の印刷物やWeb上のパンフレットなど、多くのビジネスシーンで利用されています。

 

今やビジネスのスタンダード、 PDFファイルの作成

 

ページの範囲を指定するにはPDFとして保存するときのページを指定するときには、保存する前に[オプション]ボタンから表示されるダイアログで行います。また、このダイアログではPDFの中にプロパティなどを含めるかどうかや、パスワードで暗号化するなどのオプションも選択できます。

 

今やビジネスのスタンダード、 PDFファイルの作成

Office 2010に対応-アプリ間の連携では 「貼り付け」方の違いにご注意!

Excelで作成したグラフをWordに見栄えよく貼り付けるというように、各アプリの得意なとを連携させて1つのファイルを作成すると効率的です。このとき、貼り付ける方法が大きくつあることはご存知ですか?普通の「貼り付け」はコピーを作って埋め込むのに対して、「リンク貼り付け」では貼り付け元からリンクを張るため、元データを変更すると、貼り付け先データも自動的に変更されます。

 

アプリ間の連携では 「貼り付け」方の違いにご注意!

 

リンク貼り付けで貼り付け元がなくなったらリンク貼り付けで、貼り付け元のファイルを移動させると、貼り付け先でエラーとなってしまいます。そのようなときは、[ファイル]タブの[情報]を選択し、右下の[ファイルへのリンクの編集]をクリックすると、表示されるダイアログから設定を修正できます。

 

アプリ間の連携では 「貼り付け」方の違いにご注意!

Office 2010に対応-ファイルを共有しよう

ビジネスシーンでは、会議資料を事前に配布するなど、作成したOfficeファイルを他のユーザーと共有することも多いものです。
Microsoft Officeには、メール送信やオンラインストレージへの保存など、さまざまなファイル共有方法が用意されていますので、是非活用してください。

 

ファイルを共有しよう

ファイルの共有方法について

ファイルの共有には以下の方法があります。

 

ファイルを共有しよう

Office 2010に対応-ファイルに潜む個人情報は「ドキュメント検査」で漏洩ストップ

ファイルをメールなどで配布したり、USBで渡したりと、他のユーザーと共有する場合には、ファイルに保存されている非表示の
データや個人情報に注意してください。ファイルを共有する前に、公開したくない情報を「ドキュメント検査」でチェックして、削除し
ておくことをおすすめします。


ファイルに潜む個人情報は「ドキュメント検査」で漏洩ストップ

Office削除したプロパティを新たに入力するには?
ドキュメント検査によって削除したファイルのプロパティは、再入力することができます。[ファイル]タブから[情報]を選択し1、[プロパティ]の表示画面で、タイトルや作成者などを入力します2。

20160511132052