Office 2003

Office 2003 アプリ

Office 2003 Professional Plusアプリ

Office 2003は代表的なOfficeとして、2003年9月17日発売以来、未だに数多くのユーザを抱えています。しかし時間の推移につれ、2003版は2007、2010と2013に比べて機能が明らかに劣っています。新バージョンのアプリは強力なテンプレート・ベースを含み、ワンクリック式の操作が多く、きれいにファイルを作成できます。新バージョンのソフト・デザイン構想も大いに進化しており、例えばツール・フォロー機能により、ツールを検索することで仕事効率が下がることがなくなります;ガイド機能を活用すれば、操作も簡単になります;そしてヘルプ・ファイルが更に完備化し、その他参考書籍を購入しなくても、詳しくソフトの全ての機能を調べることができます。新バージョンのUIデザインも絶賛を博しており、CRTL+F1で機能エリアを隠し、編集エリアが大きくなり、画面に表示される内容もそれなりに増えます。企業ITにおいて、Office 2003のシステム・ネットワーク管理ソフトはボトルネックになっており、新しいOfficeにバージョンアップしている企業もさぞ多いでしょう。要するに、Office 2003は時代遅れになっており、現代社会の情報技術の進化とニーズにも合わないし、新しいOfficeにバージョンアップしたほうが良いでしょう。

Office 2013の価格
Office Professional 2003 今すぐ購入-永続ライセンス 3,600円
永続ライセンス
プラットフォーム: Windows 7
特別価格:3,600円

Office 2007

Office 2007 アプリ

Office 2007 Professional Plusアプリ

続いてOffice 2007を見てましょう。これはマイクロソフト社のOffice製品における最大な革新と革命的なバージョンであり、新しいデザイン構想、新しいインターフェイス、新しいファイル・テンプレートが込められています。進化しすぎたか、ユーザが2003から2007にバージョンアップした場合、数多くの問題点にも気付いています。例えばソフト左上のOfficeボタンの意味がよくわからず、最初のうち、保存ボタンさえ見つけません;Wordのテキストボックスを回転させることができません;PPTの映像形状機能を利用する場合、再生すると原始状態に戻ります;EXCELデータ処理が6万条記録を超えるとフリーズします;また、Officeのバッググラウンド機能は2010に比べて明らかに完成度不足です;Outlookは半分2003のUIと半分2007のUIを結び付けています。

とにかくOffice 2007版は画期的な新製品として、多くの問題点を抱え、マイクロソフト社は腕のいい靴修理屋さんとしても、ソフトがパッチだらけになると、どうでしょうか?個人的に、Office 2007はOffice 2010のトライアル・バージョンに当たり、おすすめしかねます。

Office 2013の価格
Office Professional 2007 今すぐ購入-永続ライセンス 5,800円
永続ライセンス
プラットフォーム: Windows 7
特別価格:5,800円

Office 2010

Office 2010 アプリ

Office 2010 Professional Plusアプリ

個人的に、Office 2010をおすすめしたいと思います。このバージョンはOffice 2007の不足を補い、各機能も細やかに整っており、かなり使いやすいと考えられます。2013と2010は全体的に差が小さく、細部の機能が向上しています。特にWIN8のタブレットを使用する場合、2013は素晴らしい体験を実現してくれます。

Office 2013の価格
Office Professional 2010 今すぐ購入-永続ライセンス 5,800円
永続ライセンス
プラットフォーム: Windows 7
特別価格:5,800円

Office 2013

Office 2013 アプリ

Office 2013 Professional Plusアプリ

Office 2013はマイクロソフト社の伝統を突破し、世界では最も有名なオンライン・サービスOfficeになっています。Office 2013では、Webに基づく機能が進化しすぎたか、何らかの問題を引き起こすかもしれません。マイクロソフト社の新しいOffice オンライン・サービス体験に対して不安を抱くので、Office 2013を購入しようとしても、同時に無料のGoogle DocsとZohoを使用する企業がさぞ多いでしょう。

Office 2013の価格
Office 2013 Professional 今すぐ購入-永続ライセンス 8,800円
永続ライセンス
プラットフォーム: Windows 7
特別価格:8,800円

1、既存のサービス範囲を突破

Office 2013の伝統を突破した3つの機能:SharePointのワーキングエリアを通じてSharePointオフラインとオンライン・サービス内容を共有・編集すること、Office Web Appsを企業許可協議の構成部として企業のセキュリティを確保すること、及びOutlookソーシャル・コネクターを通じてページ中のソーシャルメディアをOutlookと統合させることです。上述の3つの新しい集積機能がうまく動作すれば、マイクロソフト社のOfficeは更なる進化を遂げます。

2、企業向けアプリ選択肢の簡素化

Office 2013は、合計7つのバージョンを含むが、大量ライセンス購入のユーザに対して、マイクロソフト社はただ2つのバージョンを提供しており、それぞれスタンダード・バージョンとプロ・バージョンです。バージョン数はOffice 2007の半分しかなく、フラッグシップ・バージョンと企業バージョンが削除されています。

Office 2013のプロ・バージョンがOneNote、SharePointワーキングエリアとOffice Web Appsを含み、Office 2013スタンダード・バージョンがPublisher、OneNoteとOffice Web Appsを含むそうです。

大量ライセンス購入時のバージョン数が減っているため、企業がより簡単にそれぞれのニーズに合わせて選択できるようになります。

更に、ソフト保障協議付きの大量ライセンス購入ユーザは、企業のファイアウォールのプライベート・クラウド・サービスを通じてOffice Web Appsの管理を依頼することが可能です。企業の従業員はWebを通じてOfficeアプリにアクセスできるようになります。これで、企業ユーザはOfficeのセキュリティとアクセスに対して更なる管理権を持つようになります。

3、一連の新機能

企業ユーザにとって、Office 2013が一連の新機能を含むため、バージョンアップする価値が高いでしょう。

Office 2013は多大なインターフェイス進化を遂げ、例えばバッググラウンドをチェックする場合、より多くのコマンド・オプションが表示され(Office 2007バッググラウンドにアクセスするOfficeボタンは、Office 2013の「ファイル」オプションになっています)、64ビットのバージョンのメモリが増えており、WordからOneNote、Excelにリンクする「Sparklines」機能などが挙げられます。

更に、Office 2013は一連のセキュリティ改善を遂げ、例えばパスワードの複雑性を強化し、ダウンロードファイルの保護モードを確認し、Outlookの電子メールのスレッドの管理を深化させることが挙げられます。