Microsoft office 2013 製品のポジショニング

Microsoft Office 2013は機能が完備する、使いやすいオフィススイートです。SkyDriveでファイルをオンライン保存できるため、Internet接続したWindows 7或いはWindows 8端末においてファイルへのアクセス、編集とシェアができます。

 

office2013-windows8.1

Office 2013-Windows 8.1

Microsoft office 2013は2013年2月27日に正式発売され、3つのバージョン、Office Personal 2013、Office Home & Business 2013、Office Professional 2013に分けられ、その区別は各バージョンの価格と含むアプリにあります。Windows7に比べ、Office 2013はWindows 8に向き、古い世代のCPUでもスムーズに作動できます。Office 2013はOffice 2010或いはそれ以前のバージョンにも対応します。マイクロソフト社はOffice 2003へのサポートが2014年4月8日に終了したため、Office 2003ユーザがOffice 2013にアップグレードするようにおすすめします。

 

office 2013 価格

office 2013 価格

 

Office 2013関連情報

2014年にマイクロソフト社はOffice 2013 Service Pack1を発表し、Office 2013向けの更新プログラムを含みます。Office 2013のセキュリティ、性能と安定性、及びWindows 8とInternet Explorer 11の通用性を向上させました。マイクロソフト社のマーケティング担当者は、次バージョンOfficeが2015年後半期に発表され、OneNote 2013におけるいくつかの機能制限を解除し、全てのプラットフォームにて無料で使用可能だと公布した。

Office 2013 OEM(DSP)(DSP:Delivery Service Partner)当該バージョンのoffice 2013は店舗価格より安いです。一般的に、PCメーカがPCにプレインストールし、或いは付属品として販売し、一部のハードウェア設備と共同販売することもあります。それで、OEMバージョンはoffice 2013ベーシックバージョンより安いです。Office 2013 OEMのパッケージ版はラベル付きのボックスで、DVDのインストールプログラムが入っており、隣にoffice 2013の25文字のプロダクトキーが表示され、ラベルにはoffice 2013の説明があります。office 2013インストール完了後、office 2013のアクティブ化ウィンドウが表示されます。そしてプロダクトキーを入力すれば、商品のアクティブ化が終わりです。

Office 2013 Home and studentの価格は遥かに安く、当該バージョンはword 2013、excel 2013、powerpoint 2013、onenote 2013を含みます。これは日本のマイクロソフト公式サイトでは販売されておらず、海外からの輸入品です。ただし、言語を日本語に設定してインストールすることができます。

windows8.1 購入

windows8.1 購入

office 2013を購入する前に、商品の詳細をよく確認してください。特に一般法人向けでプロダクトキーを大量授権する小売店の場合、その小売授権はほとんどダウンロードの形です。購入後、購入者にoffice 2013プロダクトキーを送信し、ダウンロード、インストールとアクティブ化したら、利用可能です。

office 2013はユーザに斬新なoffice体験を届ける、信頼性の高いオフィススイートです。Windows8端末においてもofficeの体験が可能です。タッチパネル、スタイラスペン或いはキーボードで仕事を最適化し、小型企業にとって事務効率化の強力なパートナーです。

office 2013のダウンロードとインストール方法

数年前のxpの時代では、常用するオフィススイートは2003でした。

2014年xpの引退につれ、新システムにおいて、officeもoffice 2013にアップグレードされました。

office 2013

office 2013

今では、多くの家庭はpcを必要とし、自ら組み立てたり、メーカー品を購入したりしています。

このようなpcには、プレインストールのofficeなどの必須アプリケーションがなく、別途officeを購入しインストールしなければなりません。

当初のoffice 2013パッケージ版は、今では家庭版と企業版に分けられ、現在販売中のoffice 2013はパッケージ版がなく、オンライン注文、ダウンロード、メールでアクティベーションコードを受信することになっています。

(office 2013から、microsoft社は単独アカウントの複数用途を導入しました。アカウントでmicrosoft社のアプリケーション商品とバンドリングすれば、そのままアカウントにログインし商品をアクティブ化できます)

Office Home & Business 2013

Office Home & Business 2013

パッケージ版office 2013を購入する場合、DVDの代わりに、簡単なハンドブックとプロダクトキーの入っているカードしかありません。

公式サイトからofficeをダウンロードしておく必要があり、詳しいダウンロード方法に関して、ハンドブックのURLにアクセスし、プロダクトキーのカードに記載してある25文字のプロダクトキーを入力したら、それぞれ商品のダウンロードページにジャンプし、そしてmicrosoftアカウントにログインし、office 2013をアカウントとバンドリングします。

アカウントがなければ、このページから登録してください。このアカウントはmicrosoftその他商品にも使えるため、紛失のないように、アカウントとパスワードをよく保存してください。アカウントにログインしたらダウンロードとインストールに入ります。

通信速度が十分であれば、あまり時間かからずにダウンロードとインストールが完了し、ガイド画面を閉じれば、office 2013が使えるようになります。

office 2013は、word、excel、powerpointのパターンを多くプレインストールしており、word、excel、powerpointの初心者には、かなり使いやすいです。

 

office 2013は合計4つバージョンがあります:

Professional・・・Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access
Home & Business・・・Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote
Personal・・・Word、Excel、Outlook
Professional Academinc・・・Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access
それぞれバージョンは含むアプリケーションが異なり、当然価格も違います。
異なるofficeバージョンを比べてみたら、一番常用のofficeアプリケーションがword、excel、powerpointに集中し、その他アプリケーションを使う場面が少ないため、Personal版のofficeを購入する方が多いようです。
Office 2013正式版はwindows7以上の環境にて作動可能です。