箇条書きを入力するには

箇条書きは利用頻度の高い書式です。 Wordでは、行頭記号の自動表示による箇条書きの入力と、すでに入力した文字列を箇条書きへ変換することの両方が可能です。行頭記号とスペースを入力するWordでは、箇条書きの冒頭に付ける記号を「行頭記号」と言い、「・」や『』などの記号が行頭記号として認識されます。箇条書きを入力するには、まず行頭記号にこでは「・」)を入力します。次に(スペース)キーを押し、スペースを入力します。

 

箇条書きを入力するには

 

スペースまたはタブが必要Word 2010では、行頭記号の後ろにスペースまたはタブを入力することで、行頭記号の自動入力が開始されます。1行目を入力じT改行する箇条書きの内容となる文字列を入力します。 Enter キーを押して改行すると、自動的に行頭記号とスペース分の空白が挿入されます。番号付きの箇条書き行頭番号の代わりに「1.」のように数字を入力すると、手順1、2と同様の操作で通し番号付きの箇条舎きが簡単に入力できます。このように箇条書きの先頭の数字を「段落番号」と呼びます。

 

箇条書きを入力するには

 

箇条書きが入力できた!2行目の内容を入力します。こうして改行していくだけで簡単に箇条書きを入力できます。箇条書きを終了するには内容を入力せずにenterキーを押して改行すると、自動入力された行頭記号が消えます。backspaceキーで行頭記号を削除しても同様に箇条書きを終了できます。

 

箇条書きを入力するには

 

入力済みの文字列を箇条書きにするには入力済みの文字列を後から箇条書きにすることも可能です。対象の文字列を選択したら、[ホーム]タブをクリックし、[箇条書き]ボタン横の▼をクリックし、利用したい行頭記号を選択しましょう。また、隣にある[段落番号]ボタン横の▼をクリックすると、段落番号を選択して挿入することもできます。

 

箇条書きを入力するには

 

行頭記号が自動的に入力されない場合行頭記号を自動入力するための機能がオフになっている可能性があります。オンにするには、[ファイル]タプをクリックし、左側の一覧で[オプション]をクリックして、[Wordのオプション]ダイアログボックスを開きます。[文章校正]をクリックし、[オートコレクトのオプション]ボタンをクリックします。[入力オートフォーマット]タブをクリックし@、[入力中に自動で書式設定する項目]で[箇条書き]にチェックを付け、[OK]ボタンをクリックして閉じましょう。

 

箇条書きを入力するには

 

本説明はOffice 2010 AcademicのうちのWord 2010に適用し、その他エディションにおいて使用は少し異なります。

こちらはOffice 2010 パッケージ版を提供しており、最安値限定5800円で、永続使用の保証付きです。

それ以外、本サイトはOffice 2010購入方法も提供しています。

 

 

 

 

 

文字にふりがなを付けるには

ルビ機能を利用すると、文字列にふりがなを付けることができますo読み方が難しい地名や人名などの漢字にふりがなを付け、より読みやすい文書を作成しましょう。[ルビ]ダイアログボックスを表示する文字にふりがなを付けてみましよう。まず、ふりがなを付けたい文字列を選択したら、[ホーム]タブをクリックし、[ルビ]ボタンをクリックします。

 

文字にふりがなを付けるには

 

ふりがなを入力する[ルビ]ダイアログボックスが表示されるので、[対象文字列]の右の[ルビ]に挿入したいふりがなを入力します。なお、漢字を入力した時の読みがあらかじめ表示されているので、
そのままでよければ特に訂正の必要はありません。

 

文字にふりがなを付けるには

 

配置などを調節する[プレビュー]を確認しながら、[配置]や、[フォント]を調節することもできます。指定が終了したら、[OK]ボタンをクリックしましょう。同じ文字列にまとめて設定するには文書内に同じ文字列が複数ある場合、図の画面で文字列や書式を設定後[すべて適用]ボタンをクリックすると、まとめてルピを設定できます。

 

文字にふりがなを付けるには
ふりがなが挿入された!文字列に設定したふりがなが挿入されました。

 

文字にふりがなを付けるには

 

ふりがなを削除するには挿入したふりがなを削除するには、対象の文字列を選択して、手順1の要領で[ルビ]ダイアログボックスを表示します。そこで[ルビの解除]ボタンをクリックし、[OK]ボタンをクリックすれば、ふりがなは削除されます。

 

文字にふりがなを付けるには

 

本説明はOffice 2010 StandardのうちのExcel 2010に適用し、その他エディションにおいて操作は少し差があります。

本サイトはOffice 2010 プロダクトキーを提供しており、最安値限定5800円で、永続使用の保証付きです。

それ以外、本サイトはアカデミックインストール、アクティブ化方法も提供しています。

 

 

記号を入力するには

ここでは記号の入力方法をマスターしましょう。「〒」や「●」など一般によく使う記号は、漢字同様に読みから変換できますi読みから変換できない記号は、[文字一覧]から選択して利用します。
読みを入力する一般的によく利用される記号の場合、読みから変換できます。例えば「◆」を入力したい場合、「しかく」と入力します。

 

記号を入力するには

 

記号に変換できた!(スペース)キーを押して変換すると、変換の候補の中に「◆」があります。漢字の場合同様に選択して、Enterキーを押しましょう。読みから変換できる代表的な記号「〒(ゆうびん)」「●○○(まる)」「■□◆◇(しかく)」「★☆※(ほし)」「→↑←↓(やじるし)」「~(から)」「【】{} (かっこ)」などが読みから変換可能です。

 

記号を入力するには

 

読みがわからない記号を入力するには読みから変換できない記号は、[文字一覧]から入力できます。記号を挿入したい位置にカーソルを合わせたら、言語バーの[IMEパッド]ボタンをクリックします。[文字一覧]ボタンをクリックし、[シフトJIS]の[記号]をクリックします。表示される中から目当ての記号をクリックすると入力できます。[Enter]ボタンかEnterキーを押して確定しましょう。なお、[記号]以外に[単位記号][数学記号]などにも記号があります。

 

記号を入力するには

 

文書のアクセントに絵記号も利用できる絵記号を使うには、挿入したい箇所にカーソルを合わせ、[挿入]タプをクリックします。[記号と特殊文字]をクリックし、利用したい記号を選択しましょう。また、 [その他の記号]を選択すると[記号と特殊文字]ダイアログボックスが開き、より多くの記号を利用できます。利用したい[フォント]を選択し、目的の記号をクリックして、[挿入]ボタンをクリックしましょう。

 

記号を入力するには

 

記号を入力するには

 

本チュートリアルはMS Office 2010 AcademicのうちのPowerPoint 2010に適用し、その他エディションにおいて操作は場合によって異なります。

こちらはOffice 2010 認証を提供しており、激安価格5,800円で、正規品の保証付きです。

それ以外、本サイトはMicrosoft Office 2010インストール、アクティブ化方法も提供しています。

 

 

 

読みのわからない漢字を入力するには

読みがわからない漢字や、読みからは変換できない旧漢字の入力方法を覚えておきましょう。画数や部首から検索したり、手書きで入力することができまち[IMEパッド]を表示する「亰」という漢字を総画数から入力してみましょう。漢字を入力したい箇所にカーソルを合わせたら、言語バーの[IMEパッド]ボタンをクリックします。

 

読みのわからない漢字を入力するには

 

画数を指定し、漢字を選択する[IMEパッド]が表示されるので、[総画数]ボタン画をクリックし、目的の漢字の総画数を選択します。該当する漢字の一覧が表示されるので、目的の漢字をクリックすると、カーソルのある位置に漢字が入力されます@。 IMEパッドの[Enter]ボタンをクリックするか Enter キーを押して、入力を確定しましょう。

 

読みのわからない漢字を入力するには

 

ドラッグで文字を書く手書きの情報から漢字を検索するには、IMEパッドで[手書き]ボタンをクリックします。左側の欄にマウスをドラッグして目的の漢字を書きます。線を書き込むたびに自動認識されてその時点で該当する漢字が右側に表示されるので、書きながら随時確認しましよう。

 

読みのわからない漢字を入力するには

 

漢字を選択する目的の漢字が表示されたら、クリックしましょう。カーソルの位置に入力されます。[Enter]ボタンをクリックするか Enter キーを押して確定しましょう。利用が終了したら[閉じる]ボタンをクリックして閉じます。間違えて書いてしまったらIMEパッドの[戻す]ボタンをクリックすると最後に書いた1画を、[消去]ボタンをクリックすると手書きしたすべてを消すことができます。

 

読みのわからない漢字を入力するには

 

部首から漢字を探すIMEパッドで[部首]ボタン部。をクリックし、部首の画数と、部首を選択すると、該当する漢字が表示されます。表示された漢字をクリックし、総画数などで検索した場合と同じように入力できます。

 

読みのわからない漢字を入力するには

本プロセスはMS Office 2010 Home and BusinessのうちのPowerPoint 2010に適用し、その他エディションにおいて使用は少し異なります。

本サイトはMS Office 2010 認証を提供しており、低価格限定5800円で、認証の保証付きです。

それ以外、こちらはAcademicインストール、アクティブ化方法も提供しています。

 

 

 

ファイルを開くには

保存してあるファイルは、何度でも開いてmmすることができますファイルを開く方法はいくつかあるので、状況に応じて便利な方法を利用しましょう。[開く]を選択するすでにWordが起動している状態から、別のWordファイルを開いてみましょう。[ファイル]タブをクリックし、[開く]をクリックします。最近使用したファイルなら図の[最近使用したファイル]をクリックし、右側に表示されるファイルをクリックして開くこともできます。
Wordの基本操作
保存場所とファイル名を指定する[ファイルを開く]画面が開いたら、[フォルダ]で文書の保存してあるフォルダにこでは[ドキュメント])をクリックします。開きたいファイルにこでは[花見の案内状Dをクリックしたら、[開く]ボタンをクリックしましょう。

 

 

ファイルが開いた!保存されていた文書が開き、内容が画面に表示されます。Wordが起動していない場合Wordが起動していない場合、開きたいWordファイルが保存されているフォルダを開き、ファイルをダブルクリックします。するとWordが起動し、ファイルが開きます。

 

 

安全性が不確かなファイルは「保護されたビュー」で開くWord 2010で追加された「保護されたピュー」は、ほとんどの編集機能が無効の読み取り専用の状態でファイルを開くことで、コンピューターに害をもたらすウイルスなどにより発生するリスクを抑えながら内容を見ることができる機能です。ネット上からダウンロードしたファイルやメールの添付ファイルなど、安全性に不安のあるファイルの中を確認する際に利用しましょう。保護されたビューでファイルを開くには、左ページ手順2の状態で[開く]ボタン横のvをクリックし.[保護されたビューで開く]を選択します。またこのように自ら選択した場合以外に、安全でない可能性があるとWordが判断したファイルが自動的に「保護されたピュー」で開かれることもあります。内容に問題がなく、ファイルの編集を行う場合は、画面上部のメッセージバー.またはBackstageビューの[情報]にある【編集を有効にする】ボタンをクリックして「保護されたビュー」を終了できます。

 

Wordの基本操作

本操作方法はMicrosoft Office 2010 アカデミックのうちのPowerPoint 2010に適用し、その他エディションにおいて使用は少し差があります。

本サイトはAcademic パッケージ版を提供しており、低価格5,800円で、正規品の保証付きです。

それ以外、本サイトはMS Office 2010インストール、アクティブ化方法も提供しています。