Acrobatが選ばれる三つのポイント

Adobe Acrobatとは?

Adobe Acrobat(アドビ・アクロバット)は、PDFを開発したアドビが提供するPDFファイルを作成するためのクライアント製品です。ひとくちにPDFといっても種類がさまざまで、閲覧保障されているのはアドビ製品によって生成されたPDFだけです。Adobe Acrobatは、編集、管理など、PDFを最大限に活用する機能を提供します。

Adoeが提供している各種ツールは何かしらクリエイティブ系への提供を主としたもの。
Creative Cloudに含まれる各種ツールはもちろんだし、Elements製品だってフォトとビデオなわけだから、どこを切り取ってもクリエイティブ系なのは間違いない。

しかしAcrobatは事情がちょっと違う。
PDF自体が完成データとしての配布用電子文書としての、事実上のデファクトスタンダードになっていることを考えるとよくわかる。
その場合はクリエイティブとか無関係に、ビジネスシーンでもなんでも、ありとあらゆる場面で利用されてる、というのが実際のところ。
macOSは初代Mac OS XからPDFが生成できるし、Windowsも結局、Windows 10ではプリンタドライバーとしてPDF生成がどのアプリケーションでも行えるようになったし(生成結果はともかく……)、MS Officeでも2007からは別名保存や書き出しでやはりPDFの生成ができるようになってたという現実を考えればわかる。

Acrobatが選ばれる三つのポイント

ISO 32000-1として標準化され普及しているPDFは、ビジネス向けの電子文書フォーマットの世界標準といえます。PDFの生成・閲覧にはさまざまな方法がありますが、高品質なPDF1.7が生成できること、閲覧環境との互換性があること、セキュリティが担保できることなど、企業における電子文書活用の要件を満たすのがAdobe Acrobatです。

PDFを開発したアドビの純正製品ならでは信頼感

1990年代の初めにアドビによってリリースされたPDFは、2008年にISO 32000-1として標準化され、その後の開発に際してもアドビが中心的な役割を担っています。高品質なPDF1.7が生成できる「Acrobat」と閲覧ソフト「Acrobat Reader」は、信頼性の高い「アドビ純正」の製品です。

20210319-8

高度なセキュリティへの対応も可能

AcrobatやAcrobat Readerには、セキュリティに対する配慮が随所に盛り込まれています。また、より高度なセキュリティに対応することも可能です。政府機関の「内閣官房情報セキュリティセンター」では、悪意のある攻撃への備えとして、発信するPDFに電子署名の仕組みを適用させることで、安全にPDFを閲覧できるようにしています。

20210319-9

PDFを「正しく確実に」開いてもらうために

PDFの閲覧環境にはさまざまなものがありますが、世界で最も利用されているのは「Adobe Acrobat Reader」であるといわれています。最も多くの言語に対応しており、パソコンはもちろんのことスマートフォンやタブレット端末でも同じようにお使いいただけます。
実質的なPDFの基盤といっても過言ではないAcrobat Readerで、安心して正しく閲覧できるPDFを運用する必要があるからこそ、Acrobat Readerと親和性の高いAcrobatの採用が選ばれています。

20210319-10

上記は、以前に書かれた関連する紹介を参照することもできます:

Adobe Acrobat Standard VS Adobe Acrobat Pro 2020 サブスクリプションバージョン VS Adobe Acrobat Pro 2020(PDF)永続ライセンスバージョンの違い

Adobe(アドビ)製品のことなら、お気軽にご相談ください。

mswinoffice.com

Adobe Acrobat 永続ライセンス価格

Adobe Acrobatとは?

Adobe Acrobat(アドビ・アクロバット)は、PDFを開発したアドビが提供するPDFファイルを作成するためのクライアント製品です。ひとくちにPDFといっても種類がさまざまで、閲覧保障されているのはアドビ製品によって生成されたPDFだけです。Adobe Acrobatは、編集、管理など、PDFを最大限に活用する機能を提供します

Adobe Acrobat は、サブスクリプションライセンスでの購入(月額払い/年額払い)、永続ライセンスでの購入からお選びいただけます

サブスクリプションライセンス 価格

サブスクリプションライセンスは、初回導入費用不要で「Adobe Acrobat」が利用できるライセンスです。年間契約で、月額または年額でお支払いいただく仕組みです。月額払いは、日本で初めて、大塚商会だけができる契約です。月額払いを選択の場合、経費としてコスト計上が可能です。

20210318-15

 

永続ライセンス 価格

永続ライセンスは、契約なしで、初回のみお支払いただく形態です。ライセンス1本からご購入いただけます

20210318-14

 

永続ライセンスご購入時の注意点

追加費用はありませんが、新機能やバージョンアップ版を利用する場合は買い直す必要があります。
オンライン機能の一部がご利用いただけます。
クラウドストレージが5GBご利用いただけます。

永続ライセンスを、少しでも安くご購入されたい場合:mswinoffice.com

Adobe Acrobat Professional 2020永続ライセンス版(PDF)購入

Adobe Acrobat Professional 2020永続ライセンス版

家電量販店などで販売されるパッケージ製品は、購入したバージョンに限り永続的に利用できます。このことを、AdobeのWebサイトでは、永続ライセンス(永続ソフトウェアライセンス)として表記しています。永続ライセンスといえば、従来の販売方法の製品と思ってください。なお、永続ライセンス版は、アプリをWebサイトからダウンロードして購入するダウンロード版としても購入できます。

サブスクリプションと永続ライセンスの違い

Acrobatの機能は、永続ライセンス版、サブスクリプション版のどちらもまったく同じです。

下記は、サブスクリプションと永続ライセンスの違いを簡単にまとめた表です。それぞれの項目の説明と合わせて、選択時の参考にしてください。

20210318-10-266

価格

Acrobat Proは年間プランが月額2,180円、月間プランが月額3,180円です。
Acrobat Standardは年間プランが月額1,580円、月間プランが月額2,680円です。
どちらも1か月ごとの支払いとなります。

永続ライセンス版の金額は、Acrobat Proが54,800円、Acrobat Standardが34,800円ですから、年間プランで2年利用するとサブスクリプションの合計金額とほぼ同じになります。

サブスクリプションの大きな特長は、月単位または年単位での購入が可能なことです。たとえば試用版を使ってみて気に入ったけど、すぐに永続ライセンス版を買うほどの予算がない場合などは、月単位での購入を検討しているとよいでしょう。

サブスクリプションの購入には、クレジットカード(JCB、VISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレス)が必要となります。また、AdobeID (Adobeの各種サービスを受けるためのID。メールアドレスとパスワードを登録する)も必要となります。

まとめ

小さな初期投資でAcrobatの利用を開始できるのが、サブスクリプションの大きなメリットです。

試用目的で月額プランを使い、長く使うようであれば永続ライセンスや年間プランに切り替えることもできます。

また、プロジェクトなどで急にAcrobatが必要になった場合でも、サブスクリプションであれば、必要な期間と数のライセンスを購入できます。コストセーブしながら、プロジェクトに参加しているメンバー全員のAcrobatを調達でき、PDF文書のやりとりもスムーズになります。

試用目的や用途に応じて、最適な購入方法を検討してください。

さて、新たに提供を開始したサブスクリプション版は、どのように購入/インストールすればよいのでしょうか。具体的な方法を改めて別の記事でご紹介します。

acrobat 2020 永続版の購入とインストール

署名された PDF の編集

署名した PDF を編集することはできますか? 唯一の署名者であれば、署名を削除してから文書を操作したり、ソースドキュメントを編集できます。 署名を削除するには、署名を右クリックして、「署名をクリア」を選択します。 署名…

新機能の概要 | Adobe Acrobat Pro 2020

Adobe Acrobat(アドビ・アクロバット)は、PDFファイルを生成するためのクライアント製品です。編集、管理など、PDFを最大限に活用する機能を提供します。

20210319-4

 

Adobe Acrobat DC(サブスクリプション版)

Adobe Acrobatの最新版「Adobe Acrobat DC」は、刷新されたユーザーインターフェイス、Acrobatモバイルアプリ、そしてAdobe Document Cloud(Adobe DC)サービスとの連携などにより、Acrobatのパワーをデスクトップからモバイルにまで拡張できます。いつでも、どこでも、どのデバイスからでも、一貫した操作でドキュメントを思いのままに作成、編集、共有することができます。

DCで追加された新機能(链接:题目新技能)

20210319-5

20210319-6

Adobe Acrobat Standard DCとAdobe Acrobat Pro DC

「Adobe Acrobat DC」には、「Adobe Acrobat Standard DC」と「Adobe Acrobat Pro DC」の二つのエディションがあります。それぞれの機能・環境・対応する旧バージョンの違いをご紹介します。

電子サインサービス「Adobe Sign」についてはこちらでご紹介しています。

20210319-7

二つのエディションについて、詳しくは「法人向け Adobe Acrobat DC リーフレット」をご確認ください。

Adobe Acrobatが選ばれる理由

PDFファイルに変換する方法がいくつかある中で、Adobe Acrobatが多くの人に選ばれているのには理由があります。それは、「ISO準拠の高品質なPDFの生成」「Acrobat Readerをはじめとした閲覧環境との互換性」「十分なセキュリティ」を備えており、企業ユーズの電子ドキュメント活用に適しているからです。