箇条書きを入力するには

箇条書きは利用頻度の高い書式です。 Wordでは、行頭記号の自動表示による箇条書きの入力と、すでに入力した文字列を箇条書きへ変換することの両方が可能です。行頭記号とスペースを入力するWordでは、箇条書きの冒頭に付ける記号を「行頭記号」と言い、「・」や『』などの記号が行頭記号として認識されます。箇条書きを入力するには、まず行頭記号にこでは「・」)を入力します。次に(スペース)キーを押し、スペースを入力します。

 

箇条書きを入力するには

 

スペースまたはタブが必要Word 2010では、行頭記号の後ろにスペースまたはタブを入力することで、行頭記号の自動入力が開始されます。1行目を入力じT改行する箇条書きの内容となる文字列を入力します。 Enter キーを押して改行すると、自動的に行頭記号とスペース分の空白が挿入されます。番号付きの箇条書き行頭番号の代わりに「1.」のように数字を入力すると、手順1、2と同様の操作で通し番号付きの箇条舎きが簡単に入力できます。このように箇条書きの先頭の数字を「段落番号」と呼びます。

 

箇条書きを入力するには

 

箇条書きが入力できた!2行目の内容を入力します。こうして改行していくだけで簡単に箇条書きを入力できます。箇条書きを終了するには内容を入力せずにenterキーを押して改行すると、自動入力された行頭記号が消えます。backspaceキーで行頭記号を削除しても同様に箇条書きを終了できます。

 

箇条書きを入力するには

 

入力済みの文字列を箇条書きにするには入力済みの文字列を後から箇条書きにすることも可能です。対象の文字列を選択したら、[ホーム]タブをクリックし、[箇条書き]ボタン横の▼をクリックし、利用したい行頭記号を選択しましょう。また、隣にある[段落番号]ボタン横の▼をクリックすると、段落番号を選択して挿入することもできます。

 

箇条書きを入力するには

 

行頭記号が自動的に入力されない場合行頭記号を自動入力するための機能がオフになっている可能性があります。オンにするには、[ファイル]タプをクリックし、左側の一覧で[オプション]をクリックして、[Wordのオプション]ダイアログボックスを開きます。[文章校正]をクリックし、[オートコレクトのオプション]ボタンをクリックします。[入力オートフォーマット]タブをクリックし@、[入力中に自動で書式設定する項目]で[箇条書き]にチェックを付け、[OK]ボタンをクリックして閉じましょう。

 

箇条書きを入力するには

 

本説明はOffice 2010 AcademicのうちのWord 2010に適用し、その他エディションにおいて使用は少し異なります。

こちらはOffice 2010 パッケージ版を提供しており、最安値限定5800円で、永続使用の保証付きです。

それ以外、本サイトはOffice 2010購入方法も提供しています。

 

 

 

 

 

読みのわからない漢字を入力するには

読みがわからない漢字や、読みからは変換できない旧漢字の入力方法を覚えておきましょう。画数や部首から検索したり、手書きで入力することができまち[IMEパッド]を表示する「亰」という漢字を総画数から入力してみましょう。漢字を入力したい箇所にカーソルを合わせたら、言語バーの[IMEパッド]ボタンをクリックします。

 

読みのわからない漢字を入力するには

 

画数を指定し、漢字を選択する[IMEパッド]が表示されるので、[総画数]ボタン画をクリックし、目的の漢字の総画数を選択します。該当する漢字の一覧が表示されるので、目的の漢字をクリックすると、カーソルのある位置に漢字が入力されます@。 IMEパッドの[Enter]ボタンをクリックするか Enter キーを押して、入力を確定しましょう。

 

読みのわからない漢字を入力するには

 

ドラッグで文字を書く手書きの情報から漢字を検索するには、IMEパッドで[手書き]ボタンをクリックします。左側の欄にマウスをドラッグして目的の漢字を書きます。線を書き込むたびに自動認識されてその時点で該当する漢字が右側に表示されるので、書きながら随時確認しましよう。

 

読みのわからない漢字を入力するには

 

漢字を選択する目的の漢字が表示されたら、クリックしましょう。カーソルの位置に入力されます。[Enter]ボタンをクリックするか Enter キーを押して確定しましょう。利用が終了したら[閉じる]ボタンをクリックして閉じます。間違えて書いてしまったらIMEパッドの[戻す]ボタンをクリックすると最後に書いた1画を、[消去]ボタンをクリックすると手書きしたすべてを消すことができます。

 

読みのわからない漢字を入力するには

 

部首から漢字を探すIMEパッドで[部首]ボタン部。をクリックし、部首の画数と、部首を選択すると、該当する漢字が表示されます。表示された漢字をクリックし、総画数などで検索した場合と同じように入力できます。

 

読みのわからない漢字を入力するには

本プロセスはMS Office 2010 Home and BusinessのうちのPowerPoint 2010に適用し、その他エディションにおいて使用は少し異なります。

本サイトはMS Office 2010 認証を提供しており、低価格限定5800円で、認証の保証付きです。

それ以外、こちらはAcademicインストール、アクティブ化方法も提供しています。

 

 

 

操作に疑問が生じたら

利用したい機能の操作方法や設定項目の意味がわからないときは、[Microsoft Office Wordヘルプ]で調べてみましょう。キーワードや目次からさまざまな事柄を検索できます。[Microsoft OfficeWordヘルプ]ボタンをクリックするMicrosoft Office Wordヘルプを使い、キーワードから説明を探してみます。まずは[MicrosoftOffice Wordヘルプ]ボタンをクリックします。

 

Wordの基本操作

 

キーワードを入力する調べたいことに関するキーワードを入力し、[検索]ボタンをクリックします。インターネットにつないで検索すると?インターネットに接続した状態で[Microsoft Office Word ヘルプ]を利用
すると、Web上で提供されているオンラインヘルブの内容が検索の対象に含まれ、提供される答えが多くなります。接続していない状態で利用して答えが得られなかった場合、接続して再検索してみるとみつかるかもしれません。

 

Wordの基本操作

知りたい項目をクリックする検索結果が一覧表示されるので、知りたい項目をクリックします。説明が表示された!クリックした項目の説明が表示されます。読み終えたら[閉じる]ボタンをクリックして閉じましょう。

 

Wordの基本操作

Wordの基本操作

解説付きの単語は文字色が違う解説内にある文字色の異なる用語(ポインタの形が変わり、クリックが可能な文字)は、クリックすると用語解説が表示されます。目次からも検索できるWordヘルブの画面左にある[目次]で項目をクリックすると、そこに分類された解説が表示されます。読みたいものをクリックすると、右側に内容が表示されます。このように目次から解説を探すこともできます。なお、[目次]が表示されていない時は、[目次の表示]ボタン(表示時は[目次を表示しない]ボタン)をクリックすると表示できます。

 

Wordの基本操作

 

画面表示モードの切り替えと表示倍率の切り替えウィンドウの右下には、画面の表示モードを切り替えるためのボタンと、表示倍率を変更するための[ズーム]が備わっています。Wad 2010には、5つの表示モードが用意されています。通常の場合、あらかじめ選択されている[印刷レイアウト]のまま利用して支障はありません。ボタンをクリックすると各モードに切り替えできるので~、必要に応じて利用しましょう。[ズーム]は左右にドラッグすることで、文書の表示倍率を変更できます。拡大表示して細部を確認する、縮小表示して文t-全体のバランスを見るといったときに役立ちます。

 

Wordの基本操作

 

本チュートリアルはMS Office 2010 アカデミックのうちのWord 2010に適用し、その他エディションにおいて操作は場合によって差があります。

こちらはAcademic 認証を提供しており、激安価格5,800円で、永続使用の保証付きです。

それ以外、こちらはMS Office 2010購入方法も提供しています。

 

 

文書を保存するには

作成した文書は。わかりやすい名前を付けて保存しましょう。ここではその方法を紹介していきます。保存したファイルは、何度でも開いて編集することかできます、名前を付けて保存する作り終えてからだけでなく、作業途中の文書はこまめに保存しておきましょう。新し<作成した文書を保存するには、クィックアクセスツールバーの[上書き保存]ボタンをクリックします。

 

文書を保存するには

保存場所とファイル名を指定する[名前を付けて保存]ダイアログボックスが開きます。ここではドキュメントフォルダに保存します。[ドキュメント]をクリックして、保存場所として指定します。[ファイル名]を入力します。

 

文書を保存するには

 

ファイルの種類を選択する[ファイルの種類]を選択します。あらかじめ選択されている[Word文書]は、Word 2007と2010のファイル形式です。それ以前のバージョンのファイル形式なども選択可能です。[保存]ボタンをクリックします。

文書を保存するには
文書名が変わって保存された!文書の保存が完了し、タイトルバーに指定したファイル名が表示されます。旧バージョンのファイル形式で保存した場合[Word文書]以外でファイルを保存した場合、ファイルの種類によっては利用できない機能や書式があります。対応不可能な書式は別のものに置き換えられるなどすることを覚えておきましょう。

 

文書を保存するには

 

ファイルの別名保存はBackstageビューから保存済みのファイルに修正を加えた場合、手順1の要領で[保存]ボタンをクリックすると、元のファイルに上書きされた状態で保存されます。修正前のファイルを残したまま別のファイルとして新たに保存するには- [ファイル]タプをクリックし、[名前を付けて保存]をクリックしましょう。[名前を付けて保存]ダイアログボックスが開いて新ファイルとして保存できます。

 

文書を保存するには

本使い方はOffice 2010 Pro PlusのうちのExcel 2010に適用し、その他エディションにおいて操作は場合によって差があります。
本サイトはMicrosoft Office 2010 ダウンロード版を提供しており、激安価格限定5800円で、認証の保証付きです。
それ以外、本サイトはMS Office 2010インストール、アクティブ化方法も提供しています。

 

 

新しい文書を作成するには

新しい文書の作成方法と、文字などの入力前に済ませておきたいページ設定の方法を紹介します。ページ設定はあとから変更もできるので、しっかり決まっていない場合は、とりあえずの数値で設定しておいて問題ありません。[新規作成]を選択する新しい文書を作成するには、[ファイル]タプをクリックし、表示される[Backstageビュー]で[新規作成]をクリックします。すでに新規文書が開いている場合Wordの起動と同時に、すでに新規文書が表示されている場合は、この操作で新たに文書を作成する必要はありません。[白紙の文書]を選択[白紙の文書]をクリックし、[作成]ボタンをクリックします

 

新しい文書を作成するには

ページ設定は変更可能ページ設定はここで紹介する方法でいつでも変更可能ですが、用紙サイズなどにより1ページに収まる量は変わってきます。作成前に正しく設定しておくと、出来上がった文書が用紙に収まらないなどのトラブルが避けられます。

 

新しい文書を作成するには

 

用紙サイズを選択する新規文書が作成されました。続いてページ設定を行うため、[ページレイアウト]タプをクリックします。[サイズ]をクリックして、用紙のサイズにこでは[A4])を選択します。オリジナルのサイズを
指定するには図で表示されている一覧にないサイズの用紙を利用する場合は、選択肢の一番下にある[その他の用紙サイズ]を選択して設定できます。余白を設定する[余白]をクリックして、利用したい余白にこでは[やや狭い])を選択します。なお、より細かに指定したい場合は、[ユーザー設定の余白]を選択して設定可能です。

 

新しい文書を作成するには

新しい文書を作成するには

 

ページ設定をより詳細に行うには[ページ設定1グループの[ダイアログボックス起動ツール]をクリックすると、より細かな設定がまとめてできる[ページ設定]ダイアログボックスが開きます。余白や用紙サイズの細かなサ
イズ指定が可能なだけでなく、1ペー>’内の文字数や行数などの指定もまとめて行うことができます。

 

新しい文書を作成するには

本チュートリアルはMicrosoft Office 2010 ProのうちのPowerPoint 2010に適用し、その他エディションにおいて使用は少し差があります。
本サイトはアカデミック 認証を提供しており、最安値限定5800円で、永続使用の保証付きです。
それ以外、本サイトはOffice 2010購入方法も提供しています。

 

 

 

 

基本となる操作方法を覚えておこう

ここではまず、Wordに備わっているさまざまな機能を利用するにあたり、繰り返し便用することになる基本的な操作方法を紹介します。「リボンユーザーインターフェイス」の便い方は特にしっかり覚えておきましょう。

タプをクリックするここでは例として、リボンを使って余白を設定してみます。まずは[ページレイアウト]タづをクリックします。するとそのタブに属するグループが表示されます。

 

基本となる操作方法を覚えておこう

 

[余白]をクリックして余白を選択する[ページ設定]グループにある[余白]をクリックし、希望の余白を選択します。このように、目当ての操作のボタンのクリックや選択などを行って操作します。

 

基本となる操作方法を覚えておこう
タブをクリックする[Microsoft Office Backstage]ビューを表示するには、[ファイル]タブクリックします。

基本となる操作方法を覚えておこう

機能をクリックする[Microsoft Office Backstage]ビューが表示されました。画面左側の一覧から機能をクリック
して実行できます。機能によっては右に更なる選択肢やボタンが表示され、クリックするなどして利用できます。

 

基本となる操作方法を覚えておこう

 

リボンの表示・非表示を切り替えるいずれかのタプをダブルクリックすると、リボンを非表示にできます。文書の表示スペースを広げたい時に利用してみましょう。なお、再度いずれかのタブをダブルクリックすれば、元どおり表示できます。

 

基本となる操作方法を覚えておこう


ダイアログボックス起動ツールをクリックするより詳細な設定が可能なダイアログボックスがあるグループには、ダイアログボックス起動ツールが表示されています。クリックしてみましょう。
基本となる操作方法を覚えておこう
ダイアログボックスが表示された!そのグループに関連する項目の詳細設定が可能なダイアログボックスが表示されます。

基本となる操作方法を覚えておこう

 

ボタンをクリックするクイックアクセスツールバーは、利用頻度の特に高いボタンをすばやく利用するのに便利な機能です。利用したい機能のボタン、図の例では[上書き保存]ボタンをクリックします。

基本となる操作方法を覚えておこう

 

操作が実行された![上書き保存]の操作が実行され、保存用のダイアログボックスが表示されました。よく使う機能を追加できるクイックアクセスツールバーには、ボタンを追加することもできます。よく利用
する機能のボタンを追加し、自分なりに使いやすい環境を整えることができるのです。

基本となる操作方法を覚えておこう

 

ショートカットは覚えておかなくてもOKキーボードだけを使ってすばやく操作が可能なショートカットは大変便利ですが、機能の多いWordでは、どのキーを押せばどのショートカットが使えるかを党えておくのは大変です。Word
2010では、ショートカットのキーを覚えていなくても利用できるよう工夫が凝らされています。まずaltキーを押します。するとそのとき操作可能なもの(例の増合はクイックアクセスツールバーの各ボタン、各タブ)にアルファベットやボタンが表示されるので、利用したいもののアルファベットにこでは[挿入]タブを使うためnのキーを押します。すると[挿入]タブが開き、タブ内の各機能にアルファベットが表示されます。利用したい機能のアルファベットキーにこでは[図をファイルから挿入]を使うためpキー)を押します。するとその機能を実行できます。例の場合は図を挿入するためのダイアログボックスが開きました。

 

基本となる操作方法を覚えておこう

基本となる操作方法を覚えておこう

本説明はMicrosoft Office 2010 AcademicのうちのExcel 2010に適用し、その他エディションにおいて使用は少し差があります。
こちらはMicrosoft Office 2010 認証を提供しており、低価格5,800円で、永続使用の保証付きです。
それ以外、こちらはOffice 2010購入方法も提供しています。

Wordの基本画面を見てみよう

Word 2010の画面を構成する各部の名称と、その役割を見ていきましょう。特にポイントとなるのは、office独特の「リボンユーザーインターフェイス」です。
タイトルバー・クイックアクセスツールバー
[クイックアクセスツールバー]は、利用頻度の高いボタンをまとめたツールバーです、[タイトルバー]には、文書の名称が表示されます。

 

Wordの基本画面を見てみよう

リボン・タブ・グループ
旧来のWordのメニューに変わるのが[リボン]です。リボンには使用目的に沿って構成された[タブ]が用意されています。それぞれの[タプ]の中は、いくつかの[グループ]に分類されています。

タブが追加された
ファイルの保存や印刷など、旧来のWordで[ファイル]メニュー(Word2007では[Microsoft Office]ボタン)から実行していた操作の多くは【ファイル】タブから実行可能になりました。

ステータスバー・スクロールバー
画面下の[ステータスバー]には、カーソルのあるページや行数などの情報が表示される他、表示方法を変更するためのボタン、表示倍率を変更する[ズーム]があります.また、[スクロールバー]には、表示範囲を移動するための機能が用意されています。

 

Wordの基本画面を見てみよう

 

カーソル・ポインタ画面の白い部分は、文字を入力、画像を挿入などして文書を作成するスペースです。点滅する黒い棒は[カーソル]といい、カーソルのある位置に文字が入力されます。マウスの動きに合わせて移動する[ポインタ]は、タプやボタンのクリック、文字の選択などに利用します。なお、ポインタの形は操作の状況によって変化します。

 

Wordの基本画面を見てみよう

 

必要に応じて表示されるツールがある文字列を選択すると、半透明の「ミニツールバー」が表示されます。すばやく書式を設定するのに役立つ機能です。また、タブの中にも選択している文字やアイテムによって、その時
だけ表示されるものがあります。このように必要なものだけを表示することで、より効率的な作業が可能となるよう工夫されているのです。

 

Wordの基本画面を見てみよう

本使い方はMicrosoft Office 2010 AcademicのうちのExcel 2010に適用し、その他エディションにおいて操作は少し差があります。
本サイトはMicrosoft Office 2010 パッケージ版を提供しており、激安価格5,800円で、永続使用の保証付きです。
それ以外、こちらはアカデミック購入方法も提供しています。

Wordを起動・終了するには

Wordを起動・終了する方法をマスターしましょう。方法はいくつかありますが、ここではもっとも一般的な方法をメインに紹介します。[すべてのプログラム]を選択するさっそくWordを起動してみましょう。[スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]を選択します。
本書では新OSを利用本書では、新しいOS[windows 7](Home premiumバージョン)を利用し
た場合のWord 2010の利用方法を紹介しています。別バージョンのOSを利用している場合は丿日来と同じ方法で起動できます。

Wordを起動・終了するには

[MicrosoftOffice Word2010]を選択する表示されるプログラムの一覧から[Microsoft Office]を選択し、表示される項目の中から[Microsoft Office Word 2010]を選択します。ライセンス認証が必要となるWordを最初に起動すると、[ライセンス認証ウィザード]が表示されます。これはOfficeを使用するのに必要な手続きです。今すぐにでなくても必ず行いましょう。

20160608155407

 

Wordが起動したWordが起動し、新規文書の作成画面が開きます。
[ブライバシーオブション]が表示されるWordの初回起勣時に[プライバシーオプション]が表示されたら、利用したいオプションにチェックを付けましょう。どの項目の利用も任意ですが、[オンラインヘルプの参照]と[更新プログラムの確認]は利用するようおすすめします。Wordを終了する続いてWordの終了方法を見てみましょう。[ファイル]タブをクリックし、[終了]をクリックすれば終了できます。

Wordを起動・終了するには

Wordを起動・終了するには

 

[閉じる]ボタンでも終了できるウィンドウ右上にある[閉じる]ボタンをクリックしても、Wordを終了することができます。終了前は保存を忘れずに作成した文書を保存せずにWordを終了すると、文書は失われてしまいます。保存せずに終了の操作を行うと、保存を促
す図のメッセージが表示されるので、[保存]ボタンをクリックして保存を行いましょう。詳しい保存方法はSection 06を参照してください。

 

Wordを起動・終了するには

本チュートリアルはMicrosoft Office 2010 StandardのうちのPowerPoint 2010に適用し、その他エディションにおいて使用は場合によって差があります。
本サイトはアカデミック プロダクトキーを提供しており、最安値限定5800円で、認証の保証付きです。
それ以外、本サイトはAcademicダウンロード版、パッケージ版を取り扱う各大手ネットストア及び実体店との価格比較も提供しています。