Microsoft Office 2013の再インストール(ワンクリック式)及びOffice 2013メディアの取得に関して

Microsoft Office 2013の再インストール(ワンクリック式)及びOffice 2013メディアの取得に関して

本文はOffice 2013 インストールプロセス(ワンクリック式)の方法、及びMicrosoft Office 2013バックアップ・メディアのダウンロード・リンクを提供する。 ワンクリック式とは? ワンクリック式とは、Microsoft社による流動化処理とバーチャル化技術であり、Office商品のインストールと更新に用いられる。現在、ワンクリック式はMicrosoft Office 2...
MS Office 2013とWPS 2013の相違点

MS Office 2013とWPS 2013の相違点

Mic Office 2013 VS WPS Office 2013 WPSはKingSoftによるオフィスソフトである。2013年のバージョンから、時流の関係か、マイクロソフト社のOffice 2013のデザインと似ているようになった。 WPS 2013のインターフェイスはOfficeの「フラット化」設計と似ている WPSはKingSoftによるオフィスソフトである。2013年のバージョンから、時流の関係か、マイクロソフト社のOffice 2013のデザインと似ている...
Office 2003、2007、2010と2013の選び方

Office 2003、2007、2010と2013の選び方

Office 2003、2007、2010と2013の選び方 目次 1 Office 2003 2 Office 2007 3 Office 2010 4 Office 2013 4.1 既存のサービス範囲を突破 4.2 企業向けアプリ選択肢の簡素化 4.3 一連の新機能 Office 2003 Office 2003 Prof...
Office 2013 メディア・コメントのまとめ

Office 2013 メディア・コメントのまとめ

Office 2013 メディア・コメントのまとめ 目次 1 マウスとキーボードを切り捨てない 2 モバイルエンドが更に便利に 3 時間の検証が必要 4 業戦略構想の転変 5 タッチパネルの悩み 6 新しい操作方式のラーニングコスト Office 2013 AnyWhere Off...
Office 2013とOffice 365のバージョン比較

Office 2013とOffice 365のバージョン比較

Office 365バージョン Home Premium Small Business Premium Pro Plus EnterPrise 使用対象 一般家庭ユーザ 10名従業員程度の小型企業 中小型企業 大型企業 単一ライセンスでインストール可能端末数 5台 5台 25台 25台 Officeのアプリ Wo...
Office 2013に関して、知っておきたい9つのこと

Office 2013に関して、知っておきたい9つのこと

Office 2016が発売されているにもかかわらず、価格と互換性などに関して問題点がたくさんあります。市場シェアの順位としては、Office 2013が1位で、その次はOffice 365です。後者はサブスクリプション契約であり、契約すればマイクロソフト社の最新Officeソフトウェアを利用できます。 Office 2013に関して、知っておきたい9つのこと 目次 1 現在のOfficeバージョン数は...
Office 2013の32ビットと64ビットの区別は

Office 2013の32ビットと64ビットの区別は

Office 2013の32ビットと64ビットの区別は 目次 1 64ビットのOfficeはどんな機能とアプリを含みますか? 2 現有Officeファイルとソリューションの互換性 3 64ビットのOfficeの動作に必要なOS 4 64ビットのOfficeのインストール 5 1台のコンピュータで同時動作できない32ビットと64ビットのOffice ...
office 2013のダウンロードとインストール方法

office 2013のダウンロードとインストール方法

数年前のxpの時代では、常用するオフィススイートは2003でした。 2014年xpの引退につれ、新システムにおいて、officeもoffice 2013にアップグレードされました。 今では、多くの家庭はpcを必要とし、自ら組み立てたり、メーカー品を購入したりしています。/、 nこのようなpcには、プレインストールのofficeなどの必須アプリケーションがなく、別途officeを購...
Office 2013の価格を見極めましょう

Office 2013の価格を見極めましょう

Office 2013の価格を見極めましょう目次 1 Office 2013のサブスクリプション料金に関して 2 見えない価格増加 3 企業バージョンのユーザ 4 サブスクリプション 要するに、マイクロソフト社はOfficeの使用権限を取得する全ての不正方式を取締ると同時に、海賊版を撲滅しています。ある意味では、Off...
Office 2013の動作システム及びOffice 2013アプリの互換性

Office 2013の動作システム及びOffice 2013アプリの互換性

本文はOffice 2013の各バージョンの動作システムをリストしており、一部はハードウェア或いはOSのグレードアップが必要である。Office 2013の購入 に際して、本文はアップグレードの必要性を説明したい。 32ビットと64ビットのOSはいずれもOffice 2013に対応しており、詳しくはOffice 2013の32ビットと64ビットの区別は という記事を参考に。 Office 2013(PCバージョン)-スタンダードな動作システム Office 2013の全てのバージョン: Office Home and Student 2013 Office Professional Plus 2013 ...
Office 2013各バージョンの価格•購入•ダウンロードとアクティブ化

Office 2013各バージョンの価格•購入•ダウンロードとアクティブ化

Office 2013各バージョンの価格•購入•ダウンロードとアクティブ化 目次 1 Microsoft office 2013 製品のポジショニング 2 Office 2013関連情報 3 office 2013のダウンロードとインストール方法 4 office 2013は合計4つバージョンがあります: Microsoft of...
Office 2013正式版におけるアクティブ化のバックアップと復元方法

Office 2013正式版におけるアクティブ化のバックアップと復元方法

Office 2013正式版におけるアクティブ化のバックアップと復元方法 目次 1 アクティブ化情報バックアップ 1.1 Windows 7 1.2 Windows 8 1.3 Windows 10 2 アクティブ化情報復元 2.1 Windows 7 2.2 Windows 8 ...
Windows 10とOffice 2013、それともWindows 10とOffice 2016、どちらの実用性が高いのでしょうか

Windows 10とOffice 2013、それともWindows 10とOffice 2016、どちらの実用性が高いのでしょうか

マイクロソフト社がOffice 2016を発売しているにもかかわらず、相変わらず多くのユーザはOffice 2013を使用しており、またバージョンアップするつもりがないようです。 Office 2016 Desktop 正直、この2つのバージョンの区別が全くつきません。インターフェイスの面から言えば、確かに2つのバージョンがほぼ同じです。 当然じっくり観察すれば、細部の違いが見えてきます。Office 2016のWord、Ex...
Windows 7でOffice 2013を体験 高度な融合性が窺える

Windows 7でOffice 2013を体験 高度な融合性が窺える

Win7にOffice 2013をインストールしてその目玉を体験してみた。まず、Win7の常用ソフトウェアWord、ExcelとPPTの進化を見てみよう。 新版Wordは全体的にすっきりして整然とするように見える。全体的な進化以外、新版Wordはフルスクリーンの閲覧モードとズームイン/アウトに対応し、最も重要なのは文書にオンラインの画像と映像を挿入し、他人とシェアすることができるようになった。 その上、新版Excelの操作性も向上している。新しい「Flash Fill」機能はモードを識別し、自動完成オプションを提示してくれる。例えば、表の一列が苗字で、一列が名前で、一列の氏名識別子を追加しようとする場合、前のいくつかのセルに入力するだけで、そしてExcelはユーザの意図を識別子、リターンを押すだけで表の作成ができる。 更に、新版PowerPointはWordのレイアウトガイドと類似した機能、及びその他ビジュアル效果向上の機能を追加している。当然、最も役立つ機能は「プレゼンター・ビュー(Presenter View)」である。PC或いはタブレットPCをプロジェクターに接続する場合、プレゼンターは次のスライドと関連注記を見られるが、他人は現在のスライドしか見られない。 冒頭にOffice 2013の融合性を取り上げたが、具体的にどんな面から見られるだろうか...
使用体験に基づくOffice 2013の各優位性と各バージョンの売価のまとめ

使用体験に基づくOffice 2013の各優位性と各バージョンの売価のまとめ

オフィス2013のタッチ、ベースWindows8 Office 2013発売以来、新しいOfficeは人間本位のインターフェイスを導入し、タッチペン、スタイラス、マウスとキーボードで操作できる上、SNSにも対応し、閲覧、メモ、会議と交流などの実用場面に対応し、更に最新のクラウドサービスをユーザに届けています。 使用体験に基づくOffice 2013の各優位性と各バージョンの売価のまとめ 目次 1 OfficeとWindows8の結合は最高な利用体験に 1.1 隅々までタッチ 1.2 スタイラスで手書き 1.3 Windows RTに内蔵 2 Officeをクラウドに 2.1 SkyDrive 2.2 ローミング 2.3 Office On Demand 2.4 サブスクリプションサービス 3 Of...
知っておけばお得なOffice 2013、新バージョンのOffice 2016に比べて数万円の価格差

知っておけばお得なOffice 2013、新バージョンのOffice 2016に比べて数万円の価格差

Office 2013/2016 購入方法の選択? Win10という真新しいオペレーションシステムの発売につれ、マイクロソフト社のもう1つの切り札、Office 2016も発売されました。Win10 の巨大な進化に比べると、Office 2016の進化がそれほどではなく、またOffice 2013 に比べると、細部までチェックしなければ、その相違点がなかなかわかりません。一方、Office 2016 の規格変化により、Offi...