Office Professional 2013は市販の、小売市場向けの機能の最も充実したOffice 2103バージョンです。Lync 2013とInfoPath 2013以外、Office Professional 2013はPublisher 2013、Access 2013、及び常用のWord 2013、Excel 2013、PowerPoint 2013、OneNote 2103、Outlook 2013を含みます。
より安いOffice Home and Student 2013は、家庭と学生使用者に向け、常用のOutlook 2013を含まず、商用ではありません。
Office Professional 2013 アカデミックの機能はOffice Professional 2013と同じだが、対象は学生と教職関係者に限ります。
Office Professional 2013はhome & businessと同じく商用可能です。
要約すると、Office Professional 2013はベストチョイスだといえます。当時の販売価格は118,000円にも達しました。
新版のOffice 2016とOffice 365の普及につれ、通販サイトから、非常に安いOffice Professional 2013を購入できます。その価格は8,800円で、割と安いです。
目録:

Office 2013 Professional

Office 2013 Professional

Office 2013 Professional

企業使用者はよくWordで文章を編集したり、Excelで図表を処理したり、Outlookでメールの受送信をしたりしています。三年前に発売されるOffice Professional 2013は、通常の使用に十分対応できます。
Office 2013とOffice 2106は機能面において大きな区別がなく、Office 2016には共同作業機能が加わっているが、インターフェイスと機能からすれば大差がありません。
私の同僚、幸一は情報記録員で、毎日大量の情報を記録しており、退勤して家で作業することまであります。それで自分の二台のPCにマイクロソフト社のOffice 365 Soloサブスクリプション版をインストールしています。月々1,274円かかる上、新版のOffice 365の協同機能の実用性が薄く、日常使用において一部の基礎的機能しか使われていません。彼から助けを求められる私。マイクロソフト社のOfficeはあまり高くないように見えるが、月々費用が発生するので、総額がかなり高いと考えられます。いっそ一括払いの方が良いでしょう。それで彼に価格性能比の高く、彼の日常作業を満たせるOffice Professional 2013を薦めました。
幸一はマイクロソフト社の公式サイトにアクセスした結果、マイクロソフト社の公式サイトにOffice 2013やOffice 2010等の旧版のOfficeは販売停止で、現時点ではOffice 2106とOffice 365しか購入できません。

Office 2013の正式販売停止

Office 2013の正式販売停止

これはマイクロソフト社の慣例の手法であり、新しい商品を発表すると、新版のOffice 2016とOffice 365のプロモーションに力を入れます。

Office 2013 購入・価格Office 2013 購入・価格

Office 2013は価格が安く、買い切りの形で(一括払い、永続使用)賢明な選択です …

記事を読む…

マイクロソフト社から購入できないため、第三者の通販サイトから探すしかありません。AmazonにはOffice 2013を販売する業者がおり、また当該シリーズの3つのバージョンを全部購入できます。Amazonでの価格を下記に示します:
Office 2013 Professional 価格118,000
Office 2013 Home and Business 価格49,222
Office 2013 Professional Academic 価格52,800
価格のみからみれば、Office 2013 Professionalの価格は最も高いが、含まれるアプリ数も一番多いのです:

  • Word 2013
  • Excel 2013
  • PowerPoint 2013
  • Outlook 2013
  • One Note 2013
  • Access 2013
  • Publisher 2013

Office 2013 Home and Businessに含まれるアプリ:

  • Word 2013
  • Excel 2013
  • Outlook 2013
  • PowerPoint 2013
  • One Note 2013

検索により、VisioとProjectはOfficeに含まれていないようです。単独購入する必要があります。Visio 2013の価格は7,899円で、Project 2013の価格は13,999円です。

Office 2013 Professional アカデミック版とOffice 2013 Professional版に含まれるアプリは同じだが、通常はアカデミック版を購入できません。このバージョンは学生と教育従業者に向けるバージョンで、商用ではありません。購入にあたって、学生証或いは教育従業者の勤務カードなどを提示する必要があります。使用期限も制限されており、学校との関係が終わると終了です。

Office 2013 ダウンロード版とパッケージ版

Office 2013の発表時にパッケージ版とダウンロード版との2つの販売モードがあるが、Office 2013 ProfessionalとOffice 2013 Home and Businessにのみダウンロード版があり、Office 2013 Academicはパッケージ版しかありません。
今はパッケージ版がOfficeの主流ではなく、オンラインからダウンロード版を購入するのは時流です。

パッケージ版とはOfficeダウンロード版からパッケージ版への移行

Officeダウンロード版はマイクロソフト社の公式ストア、Amazon等のオンライン店舗に販売されます。ダウンロード版を購入する唯一のメリットは購入から使用までの時間を節約できることです …

記事を読む…

Professionalは個人使用に向きます

Office Professional 2013 の購入に制限がなく、オンラインからダウンロード版を購入できる上、実体店からパッケージ版を購入することもできます。その価格は3つのバージョンにおいて最も高いが、Office professionalに含まれるアプリ数が最も多く、特にAccess 2013が含まれています。Accessは一部の作業に大いに役立ちますから。単独でAccess 2013を購入する場合、68,000円がかかります。この価格ではHome and Businessバージョンまで購入できます。それでOffice 2013 Professionalは個人使用に最も向いていると考えられます。

Office 2013 Professionalは商用可能です

Office 2013 Professionalは商用可能ですか?マイクロソフト社は商用できないバージョン、すなわちOffice Professional Academic、Office for Mac Home and StudentとOffice for Mac Academic、及びモバイルエンド・バージョンのOfficeとオンラインWEBエンドのOffice Onlineを提示しており、これらのバージョンは個人使用にのみ向き、商用の場合、マイクロソフト社の商品許可証契約に違反してしまいます。
同僚にとって、Office 2013 Professionalを使うメリットは非常に目立ちます。Proバージョンは商用可能で、退勤して家でもデータの処理ができます。Office 365のように月々費用を支払うこともなく、また現在の市場価格でOffice 2013 Professionalを購入すると、価格性能比が最も高いのです。