Officeソフトウェアは長い間価格が高く、PCとMACを購入して高額な価格でOfficeを購入する必要があります。Office 365と最新版の2016は現時点ではオフィスソフトの主力軍となっており、なおOffice 2013は発表以来4年間も経っているが、相変わらず存続しています。Office 2013は価格が安く、買い切りの形で(一括払い、永続使用)賢明な選択です。

目録:

Office 2013 は価格が経済的で、機能の実用性が高い

マイクロソフト社のOfficeソフトにおいてトップとなっています。マイクロソフト社の習慣として2-3年おきに新バージョンのOfficeを発表することになっています。Office 2013は2013年2月7日に正式発售を迎え、公式価格は28,381~59,800円です。

新版のOffice 2016には細やかな改良が入っており、複数の今時の流行っている要素が加わり、Office 2016 価格がより高いため、一般使用者にとっては大きな支出となります。Office 365は一括払いで永久使用できる従来の方法を打破し、サブスクリプション版のOfficeを発表しました。価格が安く(每年12,744円)見えるが、実質的に保有することができません。月間或いは年間契約が必要で、サブスクリプション期間内にのみ完全なる機能を使えます。

Office Excel 2013と2016の比較

Office Excel 2013と2016の比較

私の同僚松本は、外勤を担当する者です。普段は事務室におらず、每月月末、当月の報告書をまとめる時にExcelを使用します。時間が迫っているので、彼は1000円の価格でサブスクリプションの形で1ヶ月のOffice 365 SOLOを購入しました。ただ一日使用しただけで、彼は外勤作業に戻りました。翌月、また使用する時、サブスクリプションが期限切れとなり、大部分の機能が制限されてしまいました。彼はまたも1000円の価格でサブスクリプションするしかありませんでした。

松本の使用するOffice 365におけるExcel 2016のインターフェイスと私の使用しているExcel 2013が非常に似ており、ほぼ区別がつかないと思います。彼のように軽度でOfficeソフトウェアを使用する人は、新版の新機能をほとんど知りません。每年12,744円の価格でサブスクリプションを購入するのは確かに大きな負担となります。私の推薦により、彼はOffice 2013を購入しました。その価格はわずか8800円で、永久使用できます。

Office 2013 バージョン価格比較

Office 2013は合計で4つのバージョンが発表され、それぞれのバージョンのターゲットと含まれるアプリが異なります。価格も大いに違って、下表は各バージョンにおけるアプリと価格を示しています:

バージョン Office Professional 2013 Office Hone and Business 2013 Office Personal 2013 Office Professional Academic 2013
価格 38,381円 34,800円 29,800円 28,381円
アプリ Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote Word、Excel、Outlook Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、Publisher、Access

(表中の価格は公式サイトより)

自分にあったバージョンを選択していいし、当然単独のアプリを購入してもいいです。以下はOffice 2013単独アプリの価格リストです:

  • Microsoft Word 2013 価格:5100円
  • Microsoft Excel 2013 価格:5100円
  • Microsoft PowerPoint 2013 価格:5100円
  • Microsoft Outlook 2013 価格:5100円
  • Microsoft Project 2013 価格:13,999円
  • Microsoft Visio 2013 価格:7,899円

(表中の価格はOffice-kakakuより)

Office 2013を購入してプロダクトキーを取得できます。プロダクトキーでマイクロソフト社の公式サイトから製品をダウンロードできます。以下の記事を参考にしてください:

Office 2013 ダウンロード、プロダクトキーを使って公式サイトから無料ダウンロードOffice 2013 ダウンロード、プロダクトキーを使って公式サイトから無料ダウンロード

プロダクトキーは製品ライセンスの証明です。プロダクトキーは25桁のアルファベット・数字・文字列です。その形式は―(マイナス)で区切りされる5組の5桁文字となっています …

記事を読む…

無料のOffice Online

Office Online

Office Online

Microsoft社はオンラインで使用できるソフトウェア、Office Onlineを発表しています。無料で使用可能です。PCアプリではなく、ブラウザで動作するもので、ブラウザで編集、閲覧とファイルシェアができます。このブラウザアプリはあまりOfficeを使用しない使用者に向きます。機能が簡単だが常用の事務処理に対応できる上、Office 2013のような高い価格がありません。

Office OnlineはWord Online、Excel Online、PowerPoint Online、One Note Online、Outlook Onlineを含み、マイクロソフト社のアカウントを登録すれば無料でこのサービスを利用できます。無料なので機能面が限られ、完全なるPCアプリではないわけです。基本的な機能以外、複雑なファイルを閲覧或いは編集する場合、Office 2013を購入したほうがいいでしょう。その価格は8800円です。

Office 2013価格比較

Office 2013は4年前に発表され、新しいOffice 2016の発表以降、Office 2013、Office 2010の価格が大幅に降下しています。以下、Office Professional 2013を例に、各通販プラットフォーム中のOffice 2013 ダウンロード版の価格を示します:

店舗 バージョン 価格 優遇 インス
Amazon ダウンロード版、パッケージ版 52,800円 優遇なし 2PC
Yahoo ダウンロード版、パッケージ版 48,800円 優遇-5000 2PC
Microsoft Store 販売停止 N/A N/A 2PC
Office-KaKaKu ダウンロード版 8800円 N/A 2PC

比較した結果、Amazonの価格はやや高く、優遇もなく、おすすめしかねます。

YahooはAmazonより安く、今購入すれば5000円の優遇が付きます。

マイクロソフト社は公式でOffice 2016と365を発表してから、とっくにOffice 2013の販売を止めており、それでOffice 2013の価格と販売のページが見つかりません。

Office-kakakuによる価格は8800円です。ご購入をおすすめします。

安いWPS 2013とMicrosoft Office 2013の差

WPS Officeは長い間MS Officeの真似をしています。1989年に運営開始なので、長い歴史を持っています。それでも、ずっと劣位に置かれ、価格がMS Officeより安いが、使用者から承認されていません。その技術力と機能面はMS Officeに遥かに及びません。完全なるOfficeアプリとして、一般人はその機能の5%しか使わず、一方WPSはその5%しかありません。言い換えればWPS Officeの価格はMicrosoft社のOfficeの価格の5%に当たります。

WPS Office 2013 Microsoft Office 2013
核心アプリ Writer、Presentation、Spreadsheets and PDF、WPS Cloud Word、PowerPoint、Excel、OneNote、Outlook、OneDrive
ソフトウェアサイズ 81.4MB 3GB
無料 広告閲覧後、無料版使用できます N/A
価格 3,980 円~9,880 円 28,381円~59,800円
動作環境 Windows7、8、10 Windows 7、8、10
モバイル端末 Android、iOS Android、iOS
対応文書形式 DOC、DOCX、XLS、XLSX、PPT、PDF、TXT、HTM、RTF、DOT、DOTX DOC、DOCX、XLS、XLSX、PPT、PPTX、PDF、TXT、HTM、RTF、DOT、DOTX
クラウド保存 無料1GB 1TB One Drive

価格の安いWPS Officeを選択する理由

価格面では、WPS Officeは確かに遥かに安いが、機能面、インターフェイスとメニューでは、Microsoft Officeを明らかに真似しています。Microsoft Officeの使用に慣れている場合、WPS Officeへ移行すると、多くの習慣を変えなければなりません。ソフトウェアのレイアウトや編集面も大きく変わります。一部の機能はついているが、そのメニューが見つけにくいです。

互換性に関して、このほど、顧客から一つのファイルが届きました。表、画像と文字を含みます。WPS Officeで開いてみると、文字と画像のレイアウトが全部乱れてしまいました。これで全く作業できません。これは異なるソフトウェア間の互換性問題です。旧バージョンのMicrosoft Officeを使用すればレイアウトの問題がなくなるかもしれません。旧バージョンのMS Officeといってもマイクロソフト社の開発したもので、互換性の問題に悩むことがありません。

安定性に関して、分量のより大きなWord、Excel文書、数十メガバイト或いは百メガバイト以上の文書の場合、WPSはフリーズすることが多く、プロセスを閉じては開くと、文書破損という提示まで出ました。実に悩ましいです。それで、Microsoft Officeの高価格もそれなりの理由があります。企業にとって、MS Officeは企業の生産率を高め、互換性と安定性が企業にもたらすリスクを低減させ、その效率向上による価値は計り知れません。企業もMicrosoft Officeの価格を受け入れており、支払う額よりも値打ちがありますから。

Officeソフトウェアは長い間価格が高く、PCとMACを購入して高額な価格でOfficeを購入する必要があります。Office 365と最新版の2016は現時点ではオフィスソフトの主力軍となっており、なおOffice 2013は発表以来4年間も経っているが、相変わらず存続しています。Office 2013は価格が安く、買い切りの形で(一括払い、永続使用)賢明な選択です。