Office 2010に対応-画像の縦横比を変えないでサイズを変更する

画像の縦横比を変えないでサイズを変更する

画像のサイズは、ドラッグ操作で簡単に変更できます。しかし、写真などの場合、縦横
比が変更されてしまうと、おかしな見た目になりやすいので注意しましょう。このような
ときに覚えておきたいのが、縦横比を変えずにサイズを変更する方法です。画像の四隅を
ドラッグするだけです。なお、縦横比を変えてもよければ、幅のみ、高さのみのサイズ変
更も可能です。

画像の縦横比を変えないでサイズを変更する

倍率でサイズ変更を行うには

[書式]タプの[サイズ]グループ右下の[ダイアログボックス起動ツール]をクリックすると表示される[レイアウト]ダイアログボックスの[サイズ]タブで、[倍率]にパーセンテージを入力すれば、元のサイズの倍率を入力してサイズ変更することもできます1。なお、[縦横比を固定する]のチェックを外すと、高さのみ、幅のみを変更することができます2。

倍率でサイズ変更を行うには

このガイダンスはMicrosoft Office 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 このサイトは中古のOffice 2010ライセンス認証を提供し、またMicrosoft Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください

 

Office 2010に対応-まずは画像の挿入から

まずは画像の挿入から

企画書、報告書、ポスターなど、視覚に訴えるような文書に画像を挿入すれば、内容をより印象付けることができます。Wordで画像を取り扱うために、まずは「画像ファイルの挿入」機能をマスターしましょう。また、オンラインでさまざまな画像やクリップアートを検索することもできます。

まずは画像の挿入から

図形を挿入するには

Wordには、図形を取り扱うための強力な機能が用意されています。図形も、まずは、挿入から始めます。[挿入]タプの[図形]ボタンをクリックし1、一覧から図形を選択すれば図形が挿入されます2。なお、図形に関するスキルについては、Chapter 3のSection 02を参照してください。

図形を挿入するには

本操作方法はMS Office 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は最安値のOffice 2010ダウンロード版を提供し、またOffice 2010 Professional Plusダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらに入って詳細をご覧ください。

Office 2010に対応-表の配置を決めて全体のバランスを整える

表の配置を決めて全体のバランスを整える

表は見る人にインパクトを与えることができる反面、配置のほんのちよつとしたズレが見栄えを損ねてしまうことも少なくありません。[表のプロパティ]ダイアログボックスを利用すれば、「表をあと1ミリ右に移動させたい」といった微妙な配置の調整も行うことができます。

表の配置を決めて全体のバランスを整える

表の配置を揃えるだけなら[ホーム]タブが便利

表を中央揃えで配置するだけでよい場合などには、[ホーム]タプを利用するのが便利です。表の左上のをクリックして全体を選択し1、文字の段落揃えの際に使う[ホーム]タプの[左揃え]ボタン、[中央揃え]ボタン、[右揃え]ボタンをクリックして、配置を決定します2。

表の配置を揃えるだけなら[ホーム]タブが便利

このガイダンスはOffice 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は最安値のOffice 2010ダウンロード版を提供し、またMicrosoft Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらに入って詳細をご覧ください。

 

Office 2010に対応9つのボタンで文字の配置を決めよ

9つのボタンで文字の配置を決めよ

ビジネス文書では、金額などの数値は右揃えにするなど、文字列の種類によって配置のルールが決まっているものがあります。また、文字の配置によって、表の見た目も大きく変わります。Wordには、セル内の文字の大まかな配置パターンが9つ用意されており、ボタンーつで変更することができます。

9つのボタンで文字の配置を決めよ

セルの配置を細かく設定する

初期状態では、セルから文字列までの余白は0mmに設定されていますが、この余白を変更することもできます。[レイアウト]タプの[セルの配置]ボタンをクリックすると表示されるダイアログボックスで、[既定のセルの余白]の上下左右の数値を指定します1.また、[既定のセルの間隔]を指定すれば、セルとセルとの間に隙間を作ることができます2。なお、設定した余白や間隔は表のすべてのセルに適用されます。

セルの配置を細かく設定する

このガイダンスはMS Office 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は中古のOffice 2010ライセンス認証を提供し、またMS Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください

 

Office 2010に対応-線の種類を変える技も効率よく

線の種類を変える技も効率よく

線の種類を変更すると表の見た目も引き締まり、読みやすくなります。線の種類を変える方法にはいくつかありますが、ここでは代表的な方法を3つ紹介します。鉛筆で描くようにクリックまたはドラッグする方法、選択したセルに対して「外枠」「格子」などと選択していっぺんに引く方法、線種や色などを詳細に設定する方法です。シーンに合わせた技を駆使して、効率のよい作表ができるようになれば、もう一人前ですね!

[罫線の書式設定]ボタンを利用する方法

[罫線の書式設定]ボタンを利用する方法

[罫線]ボタンを利用する方法

[罫線]ボタンを利用する方法

[線種とページ罫線と網かけの設定]ダイアログボックスを利用する方法

[線種とページ罫線と網かけの設定]ダイアログボックスを利用する方法

罫線のスタイルをコピーすることもできる

既に引いてある罫線の書式をコピーして再利用することもできます。[表ツール]にある[デザイン]タブの[罫線のスタイル]ボタンをクリックし1、[罫線サンプル集]を選択します2。カーソルがに変わったら、コピー元の罫線をクリックすると、カーソルがに変わるので、線の種類を変えたい罫線をクリックします。

罫線のスタイルをコピーすることもできる

操作手順MS Office 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 このサイトは中古のOffice 2010ダウンロード版を提供し、またOffice 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらに入って詳細をご覧ください。

 

Office 2010に対応セルの中での縦書きもワンクリックでOK

セルの中での縦書きもワンクリックでOK

表の一番左のセルを縦書きにして、項目ごとに情報をまとめると見栄えがよくなることがあります。このようなとき、Wordでは、セル内の文字列の横書きと縦書きをワンクリックで切り替えられます。ただし、半角文字はワンクリックで縦書きにできないため、注意が必要です。全角文字は何もしなくても縦書きになるので、数字も全角で入れると簡単です。

セルの中での縦書きもワンクリックでOK

半角文字の縦書きには「縦中横」機能を使おう

[文字列の方向]ボタンを利用して縦書きに切り替えると、数字などの半角文字が右に90度倒れて表示されてしまいます。このようなときは、「縦中横」機能を使って、文字の向きを縦書きに変えることができます。向きを変えたい文字列を選択し1、[ホーム]タプの[拡張書式]ボタンをクリックし2、[縦中横]を選択し3、表示されたダイアログボックスの[プレビュー]で向きを確認し、[OK]をクリックします。

半角文字の縦書きには「縦中横」機能を使おう

このガイダンスはMicrosoft Office 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は最安値のOffice 2010ライセンス認証を提供し、またMicrosoft Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

Office 2010に対応-表のセンスアップはスタイル変更で

表のセンスアップはスタイル変更で

企画書やイベント案内など、人目を引く文書を作成しなければならないシーンは思いのほか多いものです。文書の目的に合わせて、表の見た目も整えたいものですが、イチから設定するのは大変な作業になります。しかし、Wordにはさまざまな表のスタイルが用意されていますので、簡単な操作で表をセンスアップすることができます。

表のセンスアップはスタイル変更で

[表スタイルのオプション]を使いこなそう

1行目をタイトル行として目立たせたり、行や列に縞模様を付けたりするなど、表の特定部分を強調することもできます。それぞれの要素を強調するには、[デザイン]タブの[表スタイルのオプション]グループにある項目にチェックを付けます1。強調を解除するときは、チェックを外します。

[表スタイルのオプション]を使いこなそう

本操作方法はMS Office 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は中古のOffice 2010通常版を提供し、またMicrosoft Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらに入って詳細をご覧ください。

Office 2010に対応-セル同士をまとめたり分割したりして体裁を整えよ

セル同士をまとめたり分割したりして体裁を整えよ

隣り合うデータを1つのセルにまとめたり、セルを分割して新たなデータを入力したりできれば、体裁の整った、より複雑な表を作ることができます。セルをまとめるには「セルの結合」機能を、逆に分割したい場合には「セルの分割」機能を駆使して、表作成のエキスパートの仲間入りを目指しましょう。

セルの結合

セルの結合

セルの分割

セルの分割

表を分割することもできる

1つの表を2つに分割したい場合や表と表の間にスペースを入れたい場合などには、表の分割機能を利用しましょう。2つ目の表の1行目となるセルにカーソルを移動し1、[表ツール]の[レイアウト]タブの[表の分割]をクリックします2。

表を分割することもできる

このガイダンスはOffice 2010 Professional Plusに適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 このサイトは最安値のOffice 2010認証を提供し、またOffice 2010 Professional Plusダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

Office 2010に対応-表にあとから行や列を入れたいときは

表にあとから行や列を入れたいときは

表の作成では、追加データが出てきたり、項目を増やしたくなったりと、あとから行や列を入れることが多くあります。このようなときは、行や列の挿入を行いましよう。ポイントは、選択したセルを中心として、上下左右に行や列が挿入されるという点にありますので、最初のセル選択を正しく行いましょう。

表にあとから行や列を入れたいときは

行や列などを削除したいときは?

必要のない行や列を削除したい場合には、削除したい行や列に含まれる任意のセルを選択し1。[表ツール]の[レイアウト]タプの[削除]ボタンをクリックし2、削除したい項目(セル、行、列、表)を選択します3。

行や列などを削除したいときは?

本操作方法はMicrosoft Office 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 このサイトは中古のOffice 2010通常版を提供し、またMicrosoft Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらに入って詳細をご覧ください。

Office 2010に対応-列の幅と行の高さを変更する

列の幅と行の高さを変更する

列の幅や行の高さの調整には、ドラッグ操作、数値の直接入力、自動調整などさまざまな方法が用意されています。なお、セルにカーソルを移動すると、リボンに[表ツール]が表示され、[デザイン]タブ、[レイアウト]タプが使用可能になります。

列の幅と行の高さを変更する

マウス操作による列の幅の変更方法

マウス操作による列の幅の調整では、操作方法によって表の幅や列の幅の変化に違いが生じます。また、[Alt]マウス操作による列の幅の変更方法キーを押しながらドラッグすれば、幅を微調整することができるので覚えておきましょう。