Office 2010に対応-セル入力はTabキーでジャンプしながらスイスイ~

セル入力はTabキーでジャンプしながらスイスイ~

表ヘデータを入力する際に、一つ一つマウ   スに持ち換えてセルをクリックするのは、非効率すぎます。Tabキーを押せば、次のセルヘカーソルがジャンプするので、キーボードのみで、スイスイ入力できます。多量のデータを連続して入力するときに便利なので、ぜひ活用してください。

セル入力はTabキーでジャンプしながらスイスイ~

セルの中でタブ記号を入力したいときには?

表の中で、単にTabキーを押すだけでは、カーソルがジャンプしてしまい、タプ揃えなどで利用するタプ記号が入力できません。セルにタプ記号を入力するには、Ctrl+Tabキーを押す必要がありますので覚えておきましょう1.

セルの中でタブ記号を入力したいときには?

操作手順Office 2010 Professional Plusに適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 このサイトは最安値のOffice 2010ライセンス認証を提供し、またMicrosoft Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

Office 2010に対応-切り取り線は「段落罫線」で引け

切り取り線は「段落罫線」で引け

イベントの申込書や会議の委任状などを、切り離して提出してもらうための文書を作成するシーンはよくあります。このとき、切り取り線に「-」などの文字列を羅列入力するのは非効率で見栄えもよくありません。段落罫線機能を使って、一発できれいな切り取り線を引いてしまいましょう。

切り取り線は「段落罫線」で引け

ページ罫線と網掛け

[線種とページ罫線と網かけの設定]ダイアログボックスでは、通常の罫線のほかに、ページ全体に引くことのできる「ページ罫線」、文字列や段落の背景に付ける「網かけ」を設定することもできます。これらは、[ページ罫線]タプ1または[網掛け]タプ2で設定します。

ページ罫線と網掛け

本操作方法はOffice 2010 Professional Plusに適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は中古のOffice 2010通常版を提供し、またOffice 2010 Professional Plusダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Office 2010に対応-まずは表の挿入から

まずは表の挿入から

表の作成方法にはいくつかありますが、まずは、配置したい位置を決めて「表の挿入」を行うことが基本となります。また、表の作成を始める前に、表の基本構造を押さえておきましょう。表の1マスを「セル」と呼びます。このセルが横に並んだものを「行」、セルが縦に並んだものを「列」と呼びます。

まずは表の挿入から

文字列を表にすることもできる

すでに入力された文字列から表を作成することもできます。まず、列として分割したい位置にタブなどの区切り文字を入力し、改行したい場所で段落分けをしておきます。文字列を選択し1、[挿入]タブの[表]ボタンをクリックして[文字列を表にする]を選択すると、ダイアログボックスが表示されるので、挿入した区切り文字を指定して2、[OK]をクリックします。

文字列を表にすることもできる

このガイダンスはOffice 2010 Professional Plusに適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 このサイトは激安のOffice 2010日本語版を提供し、またOffice 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

Office 2010に対応ルーラーと「タブ揃え」機能の コンボで配置王を目指せ

ルーラーと「タブ揃え」機能のコンボで配置王を目指せ

段落内の文字列を正確に整列させたい場合には、「タブ揃え」機能を利用します。整列させたい文字列の前に[Tab]キーでタブ記号を入力し、「タブ位置」をルーラーなどで設定すると、文字列の位置が正確に整います。この機能を駆使して、配置王を目指しましょう! なお、タブ位置の設定前に、ルーラー左端のボタンをクリックすれば、タブの種類を変更できます。

ルーラーと「タブ揃え」機能のコンボで配置王を目指せ

タブの種類

タブの種類

操作手順MS Office 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 このサイトは中古のOffice 2010通常版を提供し、またMicrosoft Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらに入って詳細をご覧ください。

Office 2010に対応-「ルーラー」が使いこなせたらWordの神様の仲間入り

「ルーラー」が使いこなせたらWordの神様の仲間入り

Wordには、文書の配置を整えるための「ルーラー」が用意されています。初期状態では表示されていませんが、文書の配置を正確に行うためにルーラーを有効活用して、Wordの神様の仲間入りを果たしてください! ルーラーで各種設定を行えますが、ここでは、ルーラーの表示/非表示と、さまざまなインデント機能も見ていきましょう。また、余白の設定もルーラーで行うことができます。

「ルーラー」が使いこなせたらWordの神様の仲間入り

 

インデントの種類

インデントの種類

このガイダンスはMS Office 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は中古のOffice 2010ダウンロード版を提供し、またMS Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらに入って詳細をご覧ください。

Office 2010に対応-アタマの字下げはスペース入力よりも「インデント」

アタマの字下げはスペース入力よりも「インデント」

文章のアタマの字下げにスペースを使ってしまうと、行によって微妙なズレが生じてしまうなど、正確な字下げを行うことができません。また、複数行に渡る段落の2行目以降を字下げすることもできません。しかし、「インデント」機能を使って字下げを行えば、このような問題が一気に解消されます。なおインデントは段落ごとに設定されるため、字下げしたい段落をすべて選択しておく必要があります。

アタマの字下げはスペース入力よりも「インデント」

インデントを細かく設定したいときは?

字下げの幅を細かく設定することもできます。[ホーム]タプにある[段落]グループの右下の[ダイアログボックス起動ツール]をクリックし、表示されるダイアログボックスの[インデントと行間隔]タプで、[左]の値を指定します1。なお、その他のインデント機能については次ページで詳しく解説します。

インデントを細かく設定したいときは?

操作手順Office 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 このサイトは中古のOffice 2010ライセンス認証を提供し、またOffice 2010 Professional Plusダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらに入って詳細をご覧ください。

Office 2010に対応-ビジネス文書では箇条書きが必須! アタマの記号をイメージに合わせるべし

ビジネス文書では箇条書きが必須!アタマの記号をイメージに合わせるべし

ビジネス文書では、物事を分かりやすく、明確に伝えるために、箇条書きが多用されます。箇条書きのアタマの記号は「行頭文字」と呼ばれ、さまざまな記号を利用できます。イメージにあった行頭文字を選択することで、読みやすく、見栄えのよい文書を作成しましょう。

ビジネス文書では箇条書きが必須!アタマの記号をイメージに合わせるべし

一覧にない行頭文字を設定したいときは?

一覧にない行頭文字を設定することもできます。箇条書きにしたい段落を選択し、[ホーム]タプにある[箇条書き]ボタン右側の▼をクリックして、[新しい行頭文字の定義]を選択します。表示されたダイアログボックスで、記号または図を選択し1、書式を設定します2。

一覧にない行頭文字を設定したいときは?

操作手順MS Office 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は最安値のOffice 2010ライセンス認証を提供し、またOffice 2010 Professional Plusダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

Office 2010に対応-文書の読みやすさは 「行間」調整で決まる

Office 2010文書の読みやすさは「行間」調整で決まる

行の間隔を変えるだけで、文書の読みやすさは格段に変わります。初期状態は、ページ設
定で「行送り」として指定されている「1行」ですが、これを1.5倍の「1.5行」などに変更し、文章量に応じた行間調整を行いましよう(文章量によっては「1.15」も読みやすい)。なお、行間は段落ごとに設定されるため、調整したい段落をすべて選択しておく必要があります。

文書の読みやすさは「行間」調整で決まる

行間の調整を細かく行うには?

行間の調整を細かく行うには、[ホーム]タブの[行と段落の間隔]ボタンをクリックし、メニューから[行間のオプション]を選択します。表示されたダイアログボックスで行間を指定します1。なお、[固定値]では、フォントサイズに関わらず行間が固定されます。[最小値]では、指定した値が行間の下限となり、フォントサイズの大きい文字が入力されると、それに応じて行間が広がります。[倍数]では1行の何倍分の行間とするかを指定します。

行間の調整を細かく行うには?

操作手順MS Office 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は激安のOffice 2010認証を提供し、またMicrosoft Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

Office 2010に対応-書式もコピーして効率よく 文書作成

書式もコピーして効率よく 文書作成

文字列の字体、サイズ、色などの書式を統一すると、見やすい文書が作成できます。一蔓設定した書式と同じ書式を利用する場合も多くなるため、[書式のコピー/貼り付け]ボタンで書式をコピーし、効率よく文書作成を行いましょう。

書式もコピーして効率よく 文書作成

連続して書式をコピーしたいときには?

複数個所に連続して書式をコピーしたいときには、コピー元の文字列を選択し1、[書式のコピー/貼り付け]ボタンをダブルクリックすると2、[書式のコピー/貼り付け]モードが解除されるまで、何回でも書式をコピーすることができます3。解除するにはEseキーを押します。

連続して書式をコピーしたいときには?

操作手順Office 2010 Professional Plusに適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は激安のOffice 2010ダウンロード版を提供し、またMicrosoft Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

 

Office 2010に対応-タイトルはフォント設定で目立たせる

どんな文書でも、タイトルは目立たせる必要があります。いくつかの方法がありますが、まずはフォント設定を変更することで目立たせてみましょう。フォント(字体)だけでなく、サイズ、色、太さなどさまざまな要素を変更できます。
設定したい文字列を選択し、[ホーム]タブにある[フォント]グループの各ボタンを利用
して自由自在に設定が行えるようにしましょう。

[ホーム]タブにある[フォント]グループ上段のボタン群

[ホーム]タブにある[フォント]グループ上段のボタン群

1[フォント]ボックスの▼をクリックして字体を設定
2[フォントサイズ]ボックスの▼をクリック してサイズを設定
3[フォントサイズの拡大・縮小]ボタンで文 字の大きさを少しずつ拡大・縮小
4[文字種の変換]ボタンで文字の種類を大 文字や小文字などに変更
5[すべての書式をクリア]ボタンで選択した範囲の書式をすべてクリア
6[ルビ]ボタンで文字にふりがなを振る
7[囲み線]ボタンで文字や文を線囲みする

ミニツールバーを利用してフォント設定するには?

文字列を選択すると右上に表示される、ミニツールバー1を利用すれば、フォント、サイズ、色などを素早く設定することができます。ミニツールバーは、カーソルを移動させてしまうと消えてしまうため、再度表示させたいときは、文字列を選択し直しましょう。

ミニツールバーを利用してフォント設定するには?

[ホーム]タブにある[フォント]グループ下段のボタン群

[ホーム]タブにある[フォント]グループ下段のボタン群

1[太字]ボタンで太字にする
2[斜体]ボタンで斜体にする
3[下線]ボタンで下線を引く。右側の▼から線種を選択もできる
4[取り消し線]ボタンで取り消し線を引く
5[下付き][上付き]ボタンで行の上下に小さな文字を配置
6[文字の効果と体裁]ボタンで文字の効果を適用
7[蛍光ペンの色]ボタンで文字列を目立たせる。右側の▼から色を選択できる
8[フォントの色]ボタンで色を付ける。右側の▼から色を選択できる
9[文字の網掛け]ボタンで背景を網掛けにする
10[囲い文字]ボタンで文字を円や四角で囲む

フォント設定を一括で行うには?

フォント書式を一括で設定することもできます。[ホーム]タブにある[フォント]グループの右下の[ダイアログボックス起動ツール]をクリックして[フォント]ダイアログボックスを表示し1、[フォント]タブでさまざまな要素を設定します2。

フォント設定を一括で行うには?

操作手順Office 2010 Professional Plusに適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は最安値のOffice 2010ダウンロード版を提供し、またMicrosoft Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。