Office 2010に対応-コメント付き写真は 「図」がめっぽう便利

コメント付き写真は「図」がめっぽう便利

写真を複数掲載したスライドで、それぞれの写真画像にコメントを付けたい場合は、
「図」を活用すると便利です。「図」のレイアウトー覧には画像を挿入するための枠が用意さ
れており、サイズなどを揃えて写真の一覧を見せたい場合に活用します。

コメント付き写真は「図」がめっぽう便利

写真は色の変更も可能

挿入した写真画像は、[図ツール]の[書式]タプの[修整][色][アート効果]を使つて加工できます。[色]をクリックすると1「グレースケール」や「セピア」などの色味に変更することもできます2。

写真は色の変更も可能

このガイダンスはMS Office 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は最安値のOffice 2010ライセンス認証を提供し、またOffice 2010 Professional Plusダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

Office 2010に対応-「集合関係」は汎用性の高い 図解作成に役立つ

「集合関係」は汎用性の高い図解作成に役立つ

SmartArtグラフィックの「集合関係」を使えば、左右で対比したり、ベン図等の図解を
作成できます。コンセプトやメリット・デメリットの比較、概念など「集合関係」で作成
できる図解はいろいろとあります。

「集合関係」は汎用性の高い図解作成に役立つ

「バランス」は項目数で形状が変化する

シーソーの形状になっている「バランス」は、項目の数によって、左右いずれかに比重が変化する面白い図解です。項目数が多い方に比重がかかっていますが1、項目数が増えると比重のバランスが変化します2。

「バランス」は項目数で形状が変化する

操作手順Office 2010 Professional Plusに適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は激安のOffice 2010ダウンロード版を提供し、またMicrosoft Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Office 2010に対応-組織図は「階層構造」でラクラク作成

組織図は「階層構造」でラクラク作成

組織図などの階層構造を明確にしたい図も、SmartArtグラフィックを利用すれば簡単に作成できます。また、後から図形を追加したり、レイアウトも自由に変更することができます。

組織図の作成

組織図の作成

階層を増やす

階層を増やす

レイアウトを変更する

レイアウトを変更する

横方向の階層構造も作成できる

組織図には上から下へ縦方向の階層構造のレイアウトを作成できるほか、横方向へ分岐していく階層構造も作成できます。[SmartArtグラフィックの選択]画面で[階層構造]を選択した一覧には、「横方向階層」と表記されている種類があります1。これらを選択して作成すれば、横方向への階層構造を作成できます2。

横方向の階層構造も作成できる

このガイダンスはMS Office 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は最安値のOffice 2010ライセンス認証を提供し、またOffice 2010 Professional Plusダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

Office 2010に対応-フローやステップ解説は「手順」を使う

フローやステップ解説は「手順」を使う

SmartArtグラフィックの分類の中で、「手順」は手続きやフロー、ステップなどを図解
で示したい場合に使います。手順は通常は上から下へ、左から右へ順に見せるパターンを
作成することが多いのですが、左下から右上へ右肩上がりのパターンも用意されており、バリエーションが豊富です。

フローやステップ解説は「手順」を使う

左右の向きを変更することもできる

SmartArtを作成した後、[デザイン]タブの[右から左]ボタンをクリックして1、左右の向きを変更することができます。

左右の向きを変更することもできる

操作手順Office 2010 Professional Plusに適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は激安のOffice 2010ダウンロード版を提供し、またMicrosoft Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

 

 

Office 2010に対応-箇条書きはSmartArtのほうが プロつぽい

箇条書きはSmartArtのほうがプロつぽい

プレースホルダーを利用して入力した箇条書きは、文字列のみのため平坦なイメージですが、SmartArtに変えることで、視覚効果を高め、資料の見せ方を劇的に変化させることができます。操作方法も簡単で、一覧から好みのレイアウトを選ぶだけです。箇条書きのプレースホルダーを選択して、[SmartArtに変換]をクリックします。

箇条書きはSmartArtのほうがプロつぽい

元の箇条書きに戻すには

変換したSmartArtグラフィックを元の箇条書きに戻すには、2通りの方法があります。[デザイン]タプの[変換]ボタンをクリックして1、[テキストに変換]を選択する方法2。もうーつは、SmartArt内で右クリックして3、[テキストに変換]を選択する方法です4.後者は、SmartArtの一番外側をクリックしないと、中のテキストボックスが選択されてしまい、メニューが出てこないので、注意しましょう。

元の箇条書きに戻すには

このガイダンスはMS Office 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は最安値のOffice 2010ライセンス認証を提供し、またOffice 2010 Professional Plusダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

 

Office 2010に対応-スタイル変更で デザインを一発変更

スタイル変更でデザインを一発変更

SmartArtグラフィックは、作成後にスタイルを変更できます。スタイルはグラフィッ
クで使用している色や図形の質感や影効果、3-D効果を設定したものまで、さまざまなパ
ターンがあります。ワンクリックで選択できて、しかもデザイン性を損なうことなく編集
できる便利な機能です。

スタイル変更でデザインを一発変更

レイアウトの変更も可能

SmartArtグラフィック作成後に、レイアウトを変更することができます。[SMARTARTツール]の[デザイン]タブの[レイアウト]グループにある[その他]ボタンをクリックします1.一覧からレイアウトをポイントして2、適用結果を確認してからクリックすると変更されます。入力されている文字列はそのまま使えるため、より目的に合った見せ方を探したい場合などに活用できます。

レイアウトの変更も可能

操作手順Office 2010 Professional Plusに適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は激安のOffice 2010ダウンロード版を提供し、またMicrosoft Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

Office 2010に対応-SmartArt作成後に図形を 増やしたい

SmartArt作成後に図形を増やしたい

挿入されたばかりのSmartArtグラフィックに用意されている図形の数は、選んだ種類によって異なります。この図形の数は、[図形の追加]ボタンで簡単に増やすことができます。また、テキストウィンドウを使って増やす方法もあります。

SmartArt作成後に図形を増やしたい

テキストウィンドウを使って図形を追加するには

テキストウィンドウで文字入力をしながら図形を追加することができます。例えば、テキストウィンドウの2行目の行末で Enter キーを押せば1、2つ目と3つ目の間に図形が追加され、そのまま文字入力ができます2。

テキストウィンドウを使って図形を追加するには

操作手順Office 2010 Professional Plusに適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は激安のOffice 2010ダウンロード版を提供し、またMicrosoft Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

Office 2010に対応-SmartArtへの文字入力は2通りある

SmartArtへの文字入力は2通りある

SmartArtグラフィックへの文字の入力方法は2通りあります。一つは、「テキストウィンドウ」を利用する方法、もうーつは図形内に直接文字を入力する方法です。また、入力した文字の大きさや図形内での折り返しは、文字数などによって自動調整されます。

SmartArtへの文字入力は2通りある

入力した文字のレベルを下げたり上げたりもできる

選択したSmartArtの種類によって、テキストウィンドウで入力した文字のレベルの上げ下げが可能です。レベルを変更したい文字列をクリックして2、[SMARTARTツール]の[デザイン]タプの[レベル下げ]ボタンをクリックすると2、レベルが変更されます3。

入力した文字のレベルを下げたり上げたりもできる

このガイダンスはMS Office 2010に適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は最安値のOffice 2010ライセンス認証を提供し、またOffice 2010 Professional Plusダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

 

Office 2010に対応-まずはSmartArtを挿入してみよう

まずはSmartArtを挿入してみよう

SmartArtはあらかじめ用意された、「リスト」「手順」「循環」など8種類の図解パターンからイメージに合った種類を選択するだけで挿入できます。挿入方法は、スライド上のコンテンツプレースホルダー内の[SmartArtグラフィックの挿入]をクリックする方法と、[挿入]タブから挿入する方法の2種類があります。

まずはSmartArtを挿入してみよう

説明文を参考にして選ぼう

SmartArtは選択した種類の説明文が表示されます1。目的にあったSmartArtを作成するためには、説明文を参考にして選ぶとよいでしょう。

説明文を参考にして選ぼう
操作手順Office 2010 Professional Plusに適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は激安のOffice 2010ダウンロード版を提供し、またMicrosoft Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。

Office 2010に対応-テキストボックスで フリーダムに文字入力

テキストボックスでフリーダムに文字入力

スライド内の好きな位置に文字を入力したい場合は、「テキストボックス」を活用します。テキストボックスは入力したい開始位置をクリックするだけで入力できます。また、WordやExcelでのテキストボックスは指定した領域で枠線が表示されますが、PowerPointでは入力した文字だけが表示され、塗りつぶしや枠線は表示されません。ただし、後から枠線や塗りつぶしの指定をすることもできます。

テキストボックスでフリーダムに文字入力

縦書きテキストボックスの作成

[テキストボックス]の下側をクリックした際に[縦書きテキストボックス]を選択すると1、スライド上の任意の開始位置をクリックして、縦書きで文字を入力できます2。

縦書きテキストボックスの作成

操作手順Office 2010 Professional Plusに適用し、その他バージョンのOfficeに使用する場合、操作方法と操作結果が若干異なります。 我々は激安のOffice 2010ダウンロード版を提供し、またMicrosoft Office 2010ダウンロードと60日トライアルも提供しております。こちらをクリックして詳細をご覧ください。